スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先張り気密施工の声

気密施工で、敬遠されがちな先張り気密シートですが・・・
実際行うと、それほど時間が掛かっているわけではないのです。
気密指導で一緒に作業を行った大工さん達からの感想は下記の通りです。

「先張りシート施工を待っている時間が、ほとんど無かった」
「先張りシート施工の要領さえ覚えると、もっと工程を短縮できるかも」
「思っていたよりも先張りシート施工を楽に行えた」

一方、先張りシート施工で気になる点も教えてもらいました。
①「冬時期、靴に雪が付いた状態で、気密シートの上に乗ると危ない」
②「建て方最中に、雨が降って梁と先張り気密シートの間に水が入るとまずいのでは・・・」
③「柱や梁の番付と気密シート張りの順番を考えるのが、めんどうだ」
などなど・・・・。

大工さんからの指摘は、確かにそのとおりです。
①について
気密シートに濡れた靴で上がると滑ります。靴を履き替えるか、靴底の水を拭き取って危険の無いよう行ってください。
②について
この指摘は、凄く大事なことを大工さんが言ってくれました。
建て方の天候には、十分注意が必要です。
誰も好んで雨の日に建て方をする人はいないと思いますが・・・急に雲行きが怪しくなり雨が降ってきた場合には、雨養生が必要です。
しかし万が一、雨養生でも防ぎきれなくて梁と先張り気密シートの間に水が入り濡れた場合、折角貼ったシートですが、先張り気密シートを切り木材の乾燥を優先してください。
水が入ったまま放置すると、気密シートが湿気排出を妨げ充分な乾燥ができなくなり、断熱工法によっては、初期結露に繋がるおそれもあります。
③について
経験を積むことで、解消されていきます。1回で懲りずに2回、3回と経験してみてください。
経験を積むと工程で、思わぬ発見があるかも・・・ですよ!

後張りの気密施工と比べ、手が届かない・確認できないなどの施工が減り、気密施工のスピードも精度も向上します。
C値0.5c㎡/㎡以下の気密性能を目標とするならば、お勧めです。
食わず嫌いではなく一度行ってみては、いかがでしょう。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

気密施工の情熱と意識が気密性能へ

先日、青森県の現場に気密測定でお邪魔する機会がありました。
ここ数年は、気密測定を行う現場にお邪魔した時の現場の状況で、測定する前に大体の数値が予測できます。
今回は、設計士さんのブログ写真を拝見させていただいてましたので、現場に向かう途中の車内で弊社のと今日測定を行う住宅はC値0.3~0.2c㎡/㎡くらいではないかなぁ~なん予想していたのです。
気密測定の結果は、c値0.13c㎡/㎡、ACH0.4回/hでした。
ということで、私たちの予想はみごと外れました。
しかし、ここ最近気密測定でお邪魔する各現場すごい数値です。皆様の気密施工精度に脱帽です。
気密測定の間に設計士さん、大工さんとお話しさせていただいて
設計士さんと大工さんの気密施工にかける情熱と意識の高さに、気密施工で久々にワクワクさせられました。
そして、その情熱的な話から~私も気密施工に燃えていたあの当時を思い出したのです。

今から18年前に私はその当時勤めていた建築会社で上司である(現在弊社の昆)と出会って、高気密住宅に携わるようになりました。
その頃は、ウレタンボードの外張り断熱を主にやっていました。
時期的にはアキレスさんのAR工法から外張り工法にかわるころだったでしょうか?
外張り工法でも、最初はc値1.0c㎡/㎡以下にすることが大変でした。
気密測定器を作動しながら昼から夜まで床下にもぐったり~天井裏にもぐっては、隙間風を感じる部分にハンディタイプの2液性ウレタンとガンで隙間に吹きつけるはずが、狭い空間だったので自分の体にまで吹き付けていた記憶があります。
なんとかC値0.5c㎡/㎡以下を出せる頃(15年くらい前)には、から提案され屋根の1段目の垂木を桁外面で切り、建物外皮をシンプルに外張りウレタン断熱材を連結しやすいようにしていました。
現在の2重垂木では、1段目の垂木を桁外面で切り建物外皮をシンプルになんて普通にやっていますが、その当時はドキドキです。
大工さんに聞いても1段目の垂木を桁外面で切るなんてやったことないから怖いなんて言われて、2段目の垂木の材寸や施工方法を設計士さんに聞きにいったりと・・・その当時のと私は、自分たちが建てる住宅の気密性能を高めたくてどうしようもなかったのでした。

それから1~2年が経ち、植田優先生が設計した繊維系の充填断熱の高気密(気密シート)の住宅施工をさせてもらえる機会がありました。
当時の私は、外張り断熱の施工から覚えたために、断熱や防湿気密の理論なんて全然理解してなかったのです。勿論、換気も暖房もです。
そんな私が植田優先生が設計した現場を担当することになり、には、「防湿気密シートで施工する気密はかなりの施工精度が必要だぞ」なんて脅かされていました。
それまでは、断熱材に防湿層(アルミ蒸着ウレタンボード)が一体となっているものや袋入りのGWしか知らない私は・・・気密シートってなんだ?から始まりました。
植田先生には、「わからないことがあったら聞いて」と言われていましたが、「何を質問していいのかがわからない」そんな状況だったのでした。
っと、思い出話が長くなりました。この話の続きは・・・また後日ということで!

そんな事を思い出して、あの当時が懐かしく感じると同時に今のままの施工指導では情熱が足りないかも?なんて帰りの車内で考えさせられました。
設計士さん大工さん、おかげさまで初心に戻れた気がします、ありがとうございました。


※気密測定結果について
一般的に気密測定の結果は、相当隙間面積C値で気密性能の善し悪しを判断します
このC値は、建物の床面積で割った値で日本独自の基準値になっています
また、この時の床面積を求める計算方法は4パターンもあり、どれを使って算出しても良いことになっていますので、計算方法によって実質床面積に多少の誤差が生じます
そこで、より詳しく誤差が生じない見方としては、50Pa時の漏気回数(ACH)という値をお勧めします。
因みに、相当隙間面積C値1.0c㎡/㎡は、おおよそACH1.5回/h・C値2.0c㎡/㎡は、おおよそACH3.0回/h・C値5.0c㎡/㎡は、おおよそACH7.5回/hの(圧力差50Pa時)の換気回数(漏気回数)に相当します


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

2x4の基礎断熱と土台先張りシート

今回は、最近ご質問の多い2x4工法の土台先張りシートの部分についての記事です。

基礎断熱で2x4工法の時、土台周りに使うシートは気密パッキン付透湿シートとなります。
これは、左の図のように床材の外側(外部側)をまわす施工となっています。
(※土台の内側の施工では床構造上、切ったり貼ったりの施工が多く気密漏れのリスクも高くなります。また、パネル化された床の場合には施工が不可能となります。)

充填断熱で一般的な防湿気密シートを床材の外側へ貼ると・・・・
住宅内で比較的、室温が下がりやすく湿度の高い床下の湿気を木材の外側へ排出できずに、土台周りの腐朽する心配があります。
そのため、湿気を排出可能な透湿シートで土台先張り施工します。
この時の先張り気密パッキン付透湿シートは、土台下から土台の外側を経由し床合板の上部へそれから外壁のスタッドに掛かる位必要で400㎜以上が必要となります。(参考に日本住環境㈱では天端ジョシーツ500。)
しかし、床組みをしない玄関周りなどは土台下からの内側へシートを貼る施工となります。
この部分については、気密パッキン付防湿シートとなります。
先張りシートは、室内側を経由するか、外側を経由するかで種類が変わってきます。

気密パッキン付透湿シートの施工に関して、
床組み施工の完了後、外壁のスタッドを起こす前に土台部分から垂らしておいた先張り透湿シートを室内側に折り返しタッカーなどで仮止めします。
外壁のスタッドを起こす際に床合板に基準となる隅が打てないことが、先張り透湿シートの施工の欠点ですが、
このような欠点が予め分かっていると、
外壁のスタッドの室内側のスタッド内面となる床上(透湿シート上)に仮の留め木を取り付けるなどして外壁のスタッドを内面で合わせながら起こすなどの対処が可能となります。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

現場での気密施工の意識アンケート

これは、繊維系充填断熱で気密住宅と謳っているハウスメーカー~地元工務店に気密測定した時に気密施工について現場の方々から伺ったアンケートです。。

そのアンケート結果の一部を公開します。
【質問】防湿気密シートの先張り施工がされていないようですけど、どうしてですか?
A1:先張りは知っているけど、そこまで指示されていない
A2:先張りしたら建て方が進まなくて予算オーバーになってしまうから
A3:外に合板貼るからいらないでしょ
A4:先張りって効果あるの?
【弊社回答】
繊維系の充填断熱の場合、防湿気密シートの先張りは湿気を断熱層へ極力入れないようにするために必要です。先張りなしの建物では気密性能1cmをきることが相当難しくなります。

【質問】どうして1階の天井までしか壁の防湿気密シートが貼っていないの?胴差しまでシート貼っていないですね。
A1:天井がここだからこれでいいんじゃないの?
【弊社回答】
1Fの天井裏は内部です。その部分に外周壁の防湿気密シートがないと、気密は確保されません。また、天井裏に通じた湿気がその外周壁の防湿気密シートなしのぶぶんから壁体内に侵入します。これでは、穴の開いたダウンジャケットやカッパを着ているようなものです。

【質問】なぜ気密シートの連結部分に気密テープを使わないのですか?
A1:支給されないから
A2:気密テープ貼っている暇がない
【弊社回答】
防湿気密シートは歪みやすいもので隙間のない連結は困難です。仕上げに石膏ボードを貼る部分であればシートは木下地と石膏ボードに挟み込まれるので心配は少ないのですが、
天井裏などは石膏ボードが貼られていないのが一般的です。そこの部分からシート連結部の隙間で気密漏れや防湿不備になります。

【質問】:なぜ外周壁の電気コンセントには気密コンセントボックスを使用しないのですか?
A1:気密住宅だと聞いていない
A2:見積りに入っていない
A3:必要なの?
【弊社回答】
コンセントボックスに限らず、防湿気密層を破くような場所がある場合、そこが気密漏れや防湿のきれ目の原因になります。
このような場所には、予め室内から断熱層へ空気や湿気が通じないための部材が必要になります。

【質問】なぜサッシと防湿気密層は連結されていないのですか?
A1:窓枠を設置する時に、このビニールがあるとノリが付かなくなる。
A2:連結しなくても窓周りには木があるから気密漏れなんてないでしょう。
【弊社回答】
キッチリ隙間無く納まっているように見えるサッシでも木材とのつなぎ目には隙間があります。
気密測定をしてみると、その部分からの気密漏れが多いです。
確実に気密シートとサッシを連結する事が重要です。
また、内側の窓枠設置には予め防湿気密シートが入ることを想定して窓台やマグサの防湿気密シート直上に窓枠を受ける木材を入れ、それに窓枠をノリ付けするといった方法もあります。こうする事によって、防湿気密シートは木材に挟まれる事でヨリ強化になります。

【質問】なぜ断熱層(外周壁)の中に洗濯の水道配管を入れるのですか?
A1:そういう指示だったから
A2:壁の断熱材が薄くなる部分が、蛇口までチョッとだから問題ないと思って。
【弊社回答】
壁100㎜の断熱層へ20㎜の配管を通すことは断熱材の厚さが80㎜になります。
それよりも怖いことは、気密層を破っての蛇口部分の取り付けは、蛇口取り付け部分が金属(熱伝導率のたかいもの)で、直に断熱層へ入れることで熱橋になる事です。この熱橋による結露の恐れがあります。
このような場合、
断熱層・気密層の内側に配管スペースを設けて洗濯配管蛇口を取り付ける。またはスペースがない場合は、気密コンセントボックスような部材を使うことをお勧めします。

【質問】いつも大工さんが気密施工をされているのですか?
A1:そうです。
【質問】:気密施工に自信はありますか?
A1:そう言われると困る。
【質問】:気密工事に関して工事前に施工の確認や打ち合わせがありましたか?
A1:ないです。
A2:図面どおりといわれた。
【質問】気密施工費は貰っていますか?
A1:大工工賃に含むと言われた。
A2:気密施工費という名目では支払いしていない。大工工賃に含んでいる。
【質問】いつも気密測定はしていますか?
A1:いつもはしていない。
A2:施主から要望がない限りしない。
などなどでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンケートの結果、上記のように現場では様々な状況下で施工を行っているようですが、
従来のように現場の打ち合わせや指導もなく、本来の気密施工職ではない大工さんに「建て方や断熱施工が完了したら気密工事をお願い」では、防湿気密施工漏れのリスクが高いのです。
また気密は、気密施工職のみで高精度に仕上げられるものではなく、大工工事・電気工事・水道工事などなど様々な職種に関わってきます。様々な施工職の協力がないと高精度な気密は確保され難いのです。
つまり工事に関係する皆様の気密住宅を施工しているという共通の意識が重要です!

気密住宅の施工には、
住宅の設計時(計画時)~建て方~気密施工~完成~住まい方~住んだ後の環境まで計画と打ち合わせが必要となってきます。
(計画・設計時には、気密性向上のため建て方材の変更や構方の変更もありえます。)
住環境に詳しい方や経験を積んだ気密施工者が住宅に関わる全ての施工者に指導を行うことが望ましいのです。

一昔前の住宅に使われた断熱材は住宅の付属品という考え方がありましたが、これは結露や不快な住環境へ直結します。
弊社にご相談される新築住宅でのお客様の住環境トラブル(結露・温環境など)では、
施工者がわざと施工しなかったのではなく、こういった事前の打ち合わせや施工者の住環境(断熱・気密・換気・暖房)の勉強不足に問題が多く見られます。
弊社では、このようなトラブルの種を減らす作業も行っております。

上記アンケートの回答のような多くの現場では・・・・・残念な施工体制といわざる終えません。気密や住環境ついての不安・施工指導・計画時のチェックなどお気軽に弊社にご相談下さい。20数年の気密施工の実績を持つプロ集団が高気密住宅や住環境のお手伝いをいたします。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

気密性能が良くても誉められない!

高性能住宅とは気密性、断熱性、耐震性、耐久性などトータルにバランスが取れた優れた住宅のことを指します。

その高性能住宅を謳っている宮城の○○●●ホームさんの新築現場に気密測定をすることになりました。この現場は在来金物工法で屋根、壁に構造用合板を張り断熱は屋根、壁は充填断熱(GW)仕様になっています。

外観から判断するととても気密も断熱も高い高性能住宅に見えます。また、断熱施工精度もムラなく綺麗に施工がされていて問題はないように見えます。

ところが測定してみると意外と思ったより気密性能が悪いのです。
その原因は写真の赤丸印の部分に隙間があり、気密漏れがあちこちに存在しているのです。これは大工さんの断熱の施工精度(技術)の問題ではなく、金物工法による隙間が生じる気密漏れが原因のようです。

組写真sss
外張り工法のように金物の部分も外部からスッポリ包むことができれば、この欠点は解消されますが内断熱(充填断熱)工法では木部と木部の接合する所に使用する金物付近の隙間は目に見えないほどの小さい隙間が生じます。

組写真as
その隙間は狭すぎてウレタン補修は不可能ですから当然そのままです。(気密測定することでこの隙間は発見できたのです。)

そこで、その隙間はコーキングとか気密テープに頼ることになるのですが柱と筋かいの留め金具と胴差しと梁の接合金物のピンは内外に金物が剥き出しになって熱橋になるので結露が心配されます。

高気密だけれでも断熱性能では熱橋だらけの問題はこの金物工法だけではないのですが、構造の構法と断熱の工法の組み合わせは何でもいいのではないので建てる時には十分検討する必要があります。

※だから簡単に「気密性能が良くても誉められない!」のです。

ところでこの現場の気密性能は、その金物廻りの隙間をコーキング、気密テープで塞ぐことで北欧の気密性能をはるかに上回るC値は0.36c㎡/㎡で50Pa時の漏気回数は0.46回と素晴らしい高気密住宅であることが判定されました。

そこで、金物工法の問題点を列記しますので参考にして下さい。
①柱と筋かいを金物工法専用の金物で連結されていますが隙間があります。
柱の外側では構造用合板を張る場合は予め合板の周囲に気密パッキンを貼ることで気密化確保されます。しかし、断熱からみれば低断熱あるいは断熱欠損の部分にあたります。その解決方法としては外張り断熱にするか室内側からウレタン補修することで断熱強化を図ることです。

②間仕切りに入る筋かいですが柱と筋かいの間が隙間がある。

③床コンパネと根太間に隙間がある。
コンパネとコンパネの接合部には気密テープを貼っているものの玄関、勝手口の土間がる納まりでは写真のように小口に隙間がある。これも予めコンパネの周囲に気密パッキンを貼ることで解決されます。

④胴差と梁の接合部のピンで止められた部分です。
このピンは内外に貫通されている所があるため壁は高断熱であってもこの部分は熱橋となります。

「参考」木造軸組構造との違い
木造軸組工法では柱と梁を接合するために柱や梁に「継手」と呼ばれる欠けこみを作り、これらをはめるように柱と梁を接合します。金物工法では、継手を作る代わり柱に金具を埋め込み、梁には柱に埋め込まれている金具の厚みの分(わずか数ミリ程度)の溝と、最後にボルトで固定するためにセンター部分に欠けこみをつけ、そのままの状態で両方を左右から専用のボルトとピンで固定させます。

「参考」
北欧の標準的な気密測定方法は50パスカルという台風並みの高圧力をかけた時の隙間からの空気漏れ(漏気回数)の値で住宅の気密性能を表しています。

例えば、
漏気回数(ACH)=1.5回/h、50Pa時はカナダのR-2000住宅の基準ですが、
日本の隙間相当面積(C値)を換気回数(ACH=漏気回数)に置き換えれば
1.0c㎡→1.5回/h(圧力差50Pa時)
2.0c㎡→3.0回/h(圧力差50Pa時)
5.0c㎡→7.5回/h(圧力差50Pa時)
に相当します。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。