スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱・気密施工のしやすさは、図面から!

断熱・気密施工のしやすさは、図面から! 相談シリーズ5


相談される方で、一番多い図面内容は、一般の住宅と在来工法のグラスウール充填断熱(基礎・壁・屋根が断熱区画の場合)の住宅が、同じ構造で書かれていることです。

在来工法のグラスウール充填断熱(基礎・壁・屋根が断熱区画の場合)で断熱気密施工を考える場合、
今までの一般住宅と同じ図面では、断熱・気密の品質の確保・施工工賃に大変な負担がかかってきます。

このことから、図面の注意点です。

「断熱の品質を守る・施工工賃の増加を防ぐ点」
壁の耐力壁となるスジカイを断熱材が入る外周部に入れるとGW断熱の場合、現場で上手く三角形にカットできなため、断熱欠損を起こしやすくなります。
そのことから、外周部の耐力壁は、2x4と同じく構造用合板類を外周部に張り、スジカイなどは内部の間仕切壁に設置する事が勧められています。
このようにすることで、断熱欠損を極力少なくし、計画通りのQ値になるように勤めています。


「気密の品質を守る・施工工賃の増加を防ぐ点」
一般住宅と、どの部分が大幅に違うのか?というと「屋根部分」になります。

一般の住宅の屋根の構造は、小屋束立て母屋組み垂木、屋根下地となっている事が多いです。
この住宅を、屋根断熱の気密シート施工を考えた時に、
母屋部分全て(90cmピッチなど)に気密シートを先張りする必要があります。
また、母屋対して垂木は直角方向に設置されます。

屋根面に断熱材を充填し気密シートを貼ったとき、先張りシートと気密シートのジョイントには下地がありません。
そのまま、ジョイントをテープのみで施工すると、気密・防湿の品質確保はテープの粘着力頼りになり、将来的に不安です。

そのため、ジョイント部分全てに下地を入れるか、屋根気密シート全面に面材を貼る(この部分は、天井裏部分になります)と大幅な材料や施工費のアップにつながります。

このことから、先に述べた屋根構造は、在来工法のグラスウール充填断熱(基礎・壁・屋根が断熱区画の場合)では、気密の品質や施工費・材料費の増加などで不向きといえます。

それでは、在来工法のグラスウール充填断熱(基礎・壁・屋根が断熱区画の場合)では、どのような屋根構造になっているのでしょう。
充填屋根構造
このような屋根構造になっています。
これは、桁から棟木まで2x10の垂木を使い、母屋などは使っていません。
一部分で部屋の間仕切りなどにより母屋や束を使う部分は、ありますが極力、気密漏れのリスクや施工工賃が減らされている設計です。
棟木部分に先張りシートを施工し、断熱材を充填後、気密シートを垂木に沿わせて無駄なく気密シートを張り上げる事が可能です。
(どの部位でも、気密シートは切ったり張ったりを少なくシンプルに施工する事が、気密の品質確保へつながります。)


今日書いた、図面の内容は設計の変更に関わる最も重要な2点です。

相談される段階で、図面が役所の確認のおりている事例が多々あります。
そうなると、設計変更料金(設計士・役所など)が発生し住宅取得費用の増加にもつながります。
また、設計変更をしない又は、建築途中で相談されると・・・・
設計図どおりの構造のまま施工せざるおえません。
その結果、断熱・気密の品質の確保は困難で材料・施工工賃も増大してしまいます。

品質の確保や工賃の増大を避けるためには、経験の多い設計士さん・工務店さんなどにお願いすると良いでしょう~。
また図面などは、確認申請を行う前に、第三者機関にチェックしてもらうと安心でしょうね。


クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。