スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防湿をわかりやすく・・・。

ポリシートの役目(防湿・気密)


昨日の内容ですが、「わかりやすくして欲しい」というメールを頂きました。
応援ありがとうございます。ということで、
今回、書き直してみました。

次世代省エネ基準が普及するにつれ気密化については隙間相当面積(C値)という言葉で大分普及されるようになってきました。

私たちが最近高気密住宅として建てている住宅は、室内側に水蒸気の透過を防ぐ防湿層(ベーパーバリア)外側には隙間風を防ぐタイベックシートなど(エアバリア)で構成する住宅が主流になっています。

防湿気密シート
この二つのバリアが住宅の断熱性能を担保する仕組みになっているのですが、
以前は、エアバリアを使っていてもベーパーバリアを使わない住宅が多く建てられて、壁内結露が木造住宅の腐朽を助長させ問題となったことがありました。



最近の住宅は結露防止対策には室内側に防湿層(ペーパーバリア)ポリエレンシートとをを使うようになりましたが・・透湿抵抗の低い防湿層の採用も多く見られ水蒸気を透過させてしまう問題も大きいのですが・・・それよりも施工の未熟さで隙間が多くある住宅は壁の中水蒸気量を多く侵入させてしまうという・・問題があります。
実は隙間からの侵入する水蒸気量は材料を透過する水蒸気量よりも100倍以上も多いのです。

ベーパーバリアは水蒸気を意味します。
冬期には室内側が高温高湿にるため壁内に入ろうとしますが、この層が侵入を防いでくれます。
そこで、できるだけ隙間を小さくしないと(気密を上げる)空気と一緒に壁内に水蒸気が入ることになります。
気密化は空気漏れを起こさない断熱構造をつくることにあります。
ベーパーバリアはその役割を担っているのです。

タイベックシート
エアバリアは一般的には外壁側のバリアを意味します。
風が断熱層に侵入して断熱材の性能を低下しないようにする役目を担っています。
室内側のベーパーバリアも気密になりエアバリアを補完する働きもしています。



冬期には室内の温められた空気は水蒸気の圧力で外に出ようとしています。
この力よりも大きいのが風の力です。
住宅は風圧によって押す力と引く力を受けています。
気密性が低い場合は風圧力の影響を受けて断熱効果を半減させたり、壁内結露に侵される寿命のの短い住宅となります。

これらは高気密にすることによって、自然の力に影響されない室内環境を作ることが可能なのです。
ベーパーバリアとエアバリアがきちんと施工されている高気密住宅は暖冷房費を大きく削減し、省エネに貢献するのです。

ベーパーバリアとエアバリアの意識をシッカリもって確実に施工してもらえる工務店さんは、お勧め!だと私は思います。


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。