スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な点検口の選択?

不思議な点検口の選択?相談シリーズ1


私の勤める会社には、施主様・設計事務所様・工務店様など
さまざまな所から住環境問題に関して相談がきます。

今回は、よくある点検口について紹介します。

高断熱高気密型住宅で、
図面または現状での断熱区画は床・壁・天井の住宅でした。
ということは、
2階の天井裏や床下は、外部と同じ又はそれに近いものになり
室内とは判断されません。(熱環境で)
したがって、気密区画も床・壁・天井となります。
一般点検口
図面などでも指示が無い又は見積もりでも一般の点検口が選択されています。
また、高断熱高気密住宅の結露の調査などに行った場合でも一般の点検口が設置されている場合があります。
この点検口は、あきらかに隙間だらけです。
この点検口を気密区画につけてしまうと気密が悪いだけではなく、あらゆる問題を引き起こす原因となります。
(基礎断熱・屋根断熱の場合は、気密区画が違いますので一般の点検口でもOKです)

pic_product01.jpg
天井断熱での点検口はこういうもの使います。
断熱材が点検口の形で制作されていますのでズレル心配も解消されます。
またパッキンがついているために、さほど気密にも影響が出てきません。
ただし、
一般の点検口の値段の4倍~しますので、なかなか高価なものです。

このように、気密シートや施工方法以前に
材料の選定は重要になってきます。

この部分の他は、気密断熱とも素晴らしい施工だとしたら
余計に点検口に隙間風が集中しますし、断熱の一番弱い部分に外気は影響します。
乱暴な言い方をすると、
設計も施工も中途半端が、住宅の結露を促しランニングコストも増大させます。

次世代省エネ基準法には、「C値を1c㎡/㎡以下にせよ」とは載っていませんが
気密の良さが断熱を効かせ、計画通りの換気を行い・冷暖房費のランニングコストを抑えます。
そのことで、結露を抑えられる住宅が可能になってきます。

気密施工ではどんなに頑張っても、隙間を0にすることは出来ませんが、
気密施工や材料の選択で極力隙間が無い住宅を目指すことが大事ですね!


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。