スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カビが凄い事に・・・・

カビが凄い事に・・・・


会社やブログ上でも、結露やカビの事を書いていますが、
お恥ずかしい話、自宅はカビで大変な事に・・・

我が家は低断熱低気密の築30年の中古の住宅。
気流止めを入れようとしたことも・・・
我が家には
なんと、壁と床には断熱材が入っていないのです。
屋根面にだけ、キチンと入っていました。
これでは、気流止めどころではありません。  ガッカリしました。

P1050043.jpgそこで一昨年の春に、北面の1部屋のみ内側(外周部)にウレタンボードを張ってみました。
左の写真がその状態です。
壁体内には、断熱材が入っていないため、通気層の役目をしてもらいます。
この時、時間が足りず床の断熱気密まで手を掛けられなかったのです。
自宅なので、いつでも出来ると甘い考えも・・・・。
どの位、冷えが床から伝わってくるかも興味がありましたし、保温効果もどの位あるか?温湿度の測定してみたりもしました。

結露は起きると判断し、その部屋内の一部にスノコを敷き上に衣装ケースを置いていました。

昨年末の大掃除に、カビは姿をあらわしたのです。
P1050056.jpg
大掃除の時にスノコの部分が気になり、衣装ケースをよけてみると、そこにはカビが・・・・・・。
我が家の10日間の温湿度調査の結果から予想はついたものの、
目の当たりにするとショックですね。

考えられる事は、
床に隙間があること、断熱材が入っていない事!
また、スノコの上に衣装ケースを置いているが、対流が悪かった事などです。

そこで、スノコの高さを測ってみました。
P1050054.jpgスノコの下で2cmの空間ですが、
その空間に入っていく熱空気が少なかったのでしょう。
また、露点温度に達して発生した結露水を乾かすくらいの
暖房時間が足りない事や換気も影響しています。

今年は、床に断熱材を入れ込み
気密シートを貼ってみようと考えています。
それまでは、高さ10cmくらいの木材の上にスノコを敷き
その上に衣装ケースを置こうなども考えています。

タンスの裏や壁にはご用心です。
空気の流れが悪いので、結露・カビ発生の可能性ガあります。
ときどき、覗いてみてください。

ちなみに、我が家の一番下の衣装ケース内の妻の服は、
カビが・・・・。
大切な服は、ハンガーなどに掛けて通風の良いところに収納しましょう!
(妻からの提案でした)


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。