スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷暖房と健康と結露のつながり

冷暖房と健康と結露のつながり



■従来の住宅におけるヒートショック
冷暖房時に室温と外気の温度差が著しいときに、人体が受ける衝撃や不快感を屋内外のヒートショックといいます。
従来の住宅では、局所暖房の部屋から暖房していないトイレや風呂場での脳卒中や心臓発作、冷たい廊下に脚を着いた瞬間に血管が縮みあがり血流が急激に心臓や脳内に供給されて血管が切れる。
これらの症状がヒートショックです。

家族の健康を守るには、全室暖房で家中の温度差が極力小さくした空間とする事が基本原則となります。
死亡率と病名

また全室冷暖房を行わないで室間温度差が大きくなると、温度の高い方の部屋の空気が低い方の部屋に入り込んだ場合、空気中の水蒸気が結露する可能性が高くなります。
これらの場合も、前回の結露による健康被害で書いたようなことがおきる場合もあります。

したがって、高性能住宅の場合は、全室冷暖房が必要となってきます。

■全室冷暖房のポイント
エアコン等によるアクティブな方法だけではなく、空気の流れ(換気・対流)、日射取得(暖房)、日射遮蔽(冷房効率アップ)、蓄熱等、パッシブな方法をも取り入れる事が大切です。
夏場、エアコンの除湿運転だけの冷房も期待できます。
出来るだけ、建物の形などで自然の恩恵を受ける建物を目指します。
高性能住宅で有れば、住宅内を開放して使用する事をお勧めします。

■全室冷暖房の場合のランニングコスト比較
全室冷暖房のランニングコストの比較は、住まい方の違いや冷暖房の好みの違いで異なる面があり、一概には決められませんが住宅の性能に大きな関係があります。
気密・断熱性能が悪い時代には、全室冷暖房などとても考える事はありませんでした。

したがって、暖房にしても冷房にしても全室冷暖房という考え方ではなく、個別に冷暖房する方式が定着してきたのです。

現在では、住宅性能が格段に向上した結果、高断熱・高気密住宅の全室冷暖房と、性能が悪い一般的な住宅における個別冷暖房とでは、各地の実測データ-から約3倍もの差がついています。
省エネルギーで健康的な住宅として冷暖房コストも従来の住宅の三分の一で済むといわれる住宅として実現しました。

新築住宅で、省エネで住環境に優れた住宅を考える場合
住宅の形や大きさ・方角
サッシからの日射の取得や遮蔽
冷暖房効率の良い間取り
経年時のメンテンスの容易さ
などが、気密性能・断熱性能・換気性能・冷暖房性能に加わります。

建物と設備は単体で考えるべきでは、ないのです。
トータルで住宅となります。
お互いの良いところを出し合った住宅を建てませんか!


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。