スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結露で健康被害?

結露による健康被害


結露による健康被害と聞くと大げさな感じがしますが・・・
実際に結露によるカビ繁殖などの激しい住宅では、
体調が悪くなったりという例も報告されています。
kabinohatsuiku.jpg
適度な温度と水分(温度25℃、湿度80%以上)があればカビは様々な建材を栄養分として繁殖します。
住宅に生えるカビの種類は300種類を超えるといわれ、人体に悪い影響を及ぼすダニの餌になるだけでなく、直接人体に入り込みアレルギー性疾患の原因になったり、肺や脳の中に入って死に至ることさえあります。

また、人体だけではなく大切なアルバムや家財道具などにも、カビの繁殖は広がります。
買い替えの効くものであれば、諦めもつくでしょうが・・・・
お金で買えない思い出のものにまでカビは広がります。

したがって、どんな高価格で建てた住宅でも、毎年カビが発生するような住宅では困ります。

seibutsuosen.jpg
カビが発生するということは、日常的に結露が発生していると考えられます。
窓辺や内壁にカビが付着しているという事は、目に見えない壁の中、つまり断熱材の中に結露が発生し、カビが発生しているという事です。
その胞子がアレルゲンとなって室内に充満しているという事になります。

ダニの増殖と相対湿度1
ダニもまた、60%以上の湿度と20~30℃の温度という条件ではカビや人間のフケ・アカなどを絶好の餌として増え続けます。
ダニは、畳やカーペット、寝具にまで入り込んで生息し、その死骸・フン・抜け殻などが呼吸とともに人体に入る事によって、アレルギーや喘息を引き起こします。
また、産卵期には人体から吸血するものまであります。

温度20~30℃、湿度60%以上の高温多湿の環境でダニは発生しますが、ダニは室温4℃でも湿度が60%以上あると生存する事が出来ます。
したがってダニの育成環境は、温度よりむしろ湿度が関係してきます。
もっとも低湿度で育成するヒョウダニでも、相対湿度が50%以下になると約11日で死んでしまいます。
したがって室内湿度を50%以上に上げなければ、ほとんどのダニが死滅してしまう事になります。

上から2番目の表にある通りに、カビやダニの好む湿度とインフルエンザなどのビールスやバクテリアの好む湿度は違います。
どちらの影響もあまり受けないようにするためには、黄色い部分の最適範囲に住宅の湿度を調整する事が必要です。
いずれにしろ、結露をおこさせない事が先決です。

結露をおこさせない為には、シッカリとした気密施工・断熱施工・換気施工・冷暖房施工が重要となってきます。
その他、湿度を調整するためには加湿器が必要となる場合もあります。
(外張り断熱工法や充填断熱工法で「キチンと施工された場合」、だいたい30~45%の湿度になる事が多いため加湿器が必要な場合もあります。)

結露の発生を抑えて最適湿度に保てる住宅を建てる事により、
自分達のこれからの健康や
大切な思い出のものを守る事が出来ます。

結露には十分注意して住宅を建てることをお勧めします。

※ちなみに住環境設計を依頼されると当社の場合、冷暖房費のランニングコストは勿論、Q値の設定、換気の設定、冷暖房の設定の他に結露計算まですることが基本となっています。



ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。