スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画的な空気の管理

計画的な空気の管理


計画換気
計画的な換気を考えずに、ただ気密化を高めると、不快な環境になります。
建物の気密化と計画的な換気は表裏一体のもので両者を切り離して考えることはできません。
計画的な換気を行うことにより、次のような目的を達成できます。

①新鮮空気の供給と汚染空気の排出
人の呼吸や、燃焼器具の使用などによって発生する炭酸ガス(CO2)、一酸化炭素(CO)など、有害な汚染ガスを排出し新鮮な空気を取り入れて、衛生上、健康維持に必要な環境をつくります。

②室内空気の清浄化
室内では衣類、布団やじゅうたんからのほこり、その他のチリや、トイレ・ゴミ・人体・喫煙・調理などによる臭気が発生します。
このチリや臭気を室内から排出し、衛生的で快適な生活環境をつくり出します。

③熱や水蒸気の排出
台所のレンジ・冷蔵庫や浴室などで発生した不用な水蒸気を屋外に排出します。
冬期間、発生した水蒸気を適度に排出しなければ、空気中の水分はどんどん増えて結露の原因となります。
換気によって、この水分の多い空気を排出し、水分の少ない外気を取り入れる事により除湿されます。


従来の換気扇は、住宅の壁に大きな穴をあけて換気する方式ですから気密性が悪く、省エネという概念からは、ほど遠い物でした。
また、換気効率も気密性能が悪いためにあまり高いとはいえません。
高断熱・高気密住宅で従来のような換気扇を使うと
結露など、重大な住宅欠陥の原因にもなります注意しましょう!


※第一種換気・第三種換気を設置しても、換気の容量や対流の計画・施工後の流量の確認・設定は大切です。
 (現場では、図面と違い立体的になっています。配管の上がり下がりや天井裏の配管スペースの無い部分から迂回するような配管経路も数多くあります。)
 換気で大事な事は、建物や工事完成後に排気・給気共に計画通りの流量が守れているか?の確認に、なります。

 以前書いたように、換気の本体の排出容量は良くても
 C値が1.0c㎡/㎡を超えた住宅では、建物に隙間が多いために、
 2階の給気口から排気している現象が多くみうけられます。
 (この場合入り易い1階の給気口の流量が多くなったりもします)
 (この事で、2階のその部屋の新鮮空気の入り方が他の部屋に比べて悪いなどの問題もあります)
 
このように換気でも、気密性能と密接に関わっています。
住環境の良い住宅を建てる際には、
気密性能・断熱性能・換気性能・冷暖房性能の4つを
トータルで考えてくれる設計士さんや工務店さんに
お願いすると安心でしょうね~。


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。