スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気密施工No1

気密施工レポート!


今日は、気密施工について書きます。

今迄の施工した現場から写真を幾つかと
解説です。(内断熱)
内側で気密シート施工の場合


土台敷きの前の防湿気密シートのおさめかたです。
k3mR5JDmk1yC6INWgVuDZ0RTQzAyODQ52iE.jpg
①土台に付いて来ている金物を一旦はずします。
②土台下にゴムパッキン付きの防湿気密シートを先に敷き込みます。
③そのシートがずれないように土台をセットします。シートがズレていないことを確認し、ボルトで締めます。
④その後、写真のようにシートを上方向に持ち上げ①ではずした金物をシートの上から取り付けます。

以上で、簡単ですが土台周り説明をおわります。
その他、出隅・入り隅・玄関など様々な部位がありますが・・・・・

そちらの方は、右の無料メールコーナーより質問お願いします。


これは、梁の取り合いです。
写真は新築時の梁の接合前に気密シートを先に張っている様子です。
RFNDMDI4ODnmCQ.jpg
外壁側の桁周りに梁がぶつかる部分には、先張り防湿気密シートが必要です。

①桁周りの金物や欠き込みがある部分に、梁を入れる前にシートをはります。
②金物の場合は、土台と同じように金物を一旦とりシートを貼った上に金物を付けてください
③その後にシートのズレを確認しながら、梁を入れていきます。





また、羽子板ボルトの鉄の部分の
熱矯対策として、貫通部の鉄を発砲ウレタンで覆います。
bpFnjsqQXq-N.jpg


また外側からのビスや釘の貫通部にも発砲ウレタンで覆います。
dmORZ47KkF4b8w.jpg

今回は、ここまでにします。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ



theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。