スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気密施工、その前に!

気密施工、その前に!


在来工法や2x4工法、木造住宅にはさまざまな工法があります。
住宅は、工場内で建てられてポンと現場に持ってきて、終わりというわけにはいきません。
少なからず、現地で加工や組み立てがあります。
商品品質を守る上で、
商品がどういうものなのか?
注意事項は何か?
知っておく事は、大切です。

今回は、高断熱高気密住宅の建築時の一例です。
建て方(梁)在来工法の例になります。
建て方時には雨は降っていませんでしたが、夜に雨が降り次の日の朝、小屋梁の接合部の穴に水が入っていました。
この住宅は、高断熱高気密化する住宅です。
このままの状態で、この上に垂木を掛けて合板で塞ぐと、
後々大変な事になります。
この状態で、穴を塞がれて断熱材などが貼られたり・・・
気密シートで屋根の断熱層を密閉してしまうと、
この水はどのようになるのでしょうか?
密閉される屋根断熱の中を水分が、蒸発してタイベックシートから抜けていく?
また、断熱材が繊維質系のものであったら、
どうでしょう?
繊維系の断熱材が水分を欲しがるのでは?
このまま施工しても大丈夫なの?
いろいろな事が心配されます。


dc093044.jpg品質確保のため、
建て方の最中でも、次の工程に移る際は点検し
写真のように水をふき取り、早く乾燥するように努めたいですね。

高断熱高気密住宅の場合は、気密性能が優れているために、
「たったこの位の水なら・・・」という思いが原因で、カビや結露を起こしたというケースもあります。

経験が無いと、なかなか気に掛けることは難しいですが・・・
この場所のように、「水が溜まる場所もある」と忘れないで下さい。

このような事が原因のカビの調査には、相当な時間が、かかります。
(住環境は良いのに、カビが出ていたのですから・・・・)


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
人気ブログランキングへ

theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。