スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震補強を兼ねた気流止めの設置

耐震補強を兼ねた気流止めの設置(在来工法)


前回までの記事は、どれも住宅の内部から気流止めを設置する工法でした。
床下からの気流止めの設置
室内の壁を一部剥がしての気流止め設置

今回は、外壁の一部を剥がしての気流止め設置の工法です。
この工法は、北海道立北方建築総合研究所さんの資料を参考としています。
外部気流止め設置方法
それでは、設置方法です。
気流止めの材料は、前回の動画でご紹介したGW圧縮パックになります。
今回の工法は、今までの住宅内部からの工法よりも少し工事が大きくなります。

左の図のように、外壁を一部切り取ります。
外壁を一部取り除いた状態で、木材の点検をします。
(木材の腐食状態の確認です。)
この時、腐食箇所がある場合は、その部分の木材も一緒に取り替えます。
その後に、気流止めの設置をします。

ここからが、耐震補強になります。
在来工法の場合、筋違いの補強・基礎と土台のつなぎの補強・桁周りの補強が大きなポイントになるようで、
大半は、筋違いの補強だそうです。

今回の外壁を剥がした部分に強度を出しながらローコストで筋違いの耐震補強をしてしまうのが今回の工法です。

耐震補強(仕口の補強)その工法ですが、
筋違いの仕口の補強になります。
土台や桁など柱の他に、上からの加重や横からの力に負けないように、
筋違いというものが使われています。
筋違いは、土台と桁又は柱に連結されて、本来の役目を果たします。
住宅が年をとっていくと、今までの地震や経年変化から、
この筋違いの連結が保てていない状況があるそうです。
そのことから、
左の図のような、耐震補強となっているようです。
(説明を聞くと・・・筋違いの補強の目的は、上記で説明したような連結の問題のようで、仕口の補強で充分な耐力は出るとの事でした。)




耐震補強の検査


実際の写真で見ると、耐震補強後の壁はこういうイメージになるようです。
この機械で上から重さを加えていき、
どの位の耐力が出ているのか測定していると思われます。

このように北方建築研究所さんでは、気流止めと耐震補強をセットで考え、ローコストで安全・安心なリフォームも研究されています。










気流止めの設置場所気流止めの付ける位置と耐震補強の位置になります。

今回のこの工法は、外壁周りからの工法になるため、
内部の間仕切りに関しては、
前回までの気流止め工法を参考にして下さい。

この、内部の間仕切り下や2階の間仕切り上に気流止めを
忘れると、その他で気流止めを設置した意味が無くなります。
また、今までよりもかえって気流止めを設置し忘れた箇所に
隙間風などが集中し、結露を助長させる結果につながります。

気流止めを設置する場合は、全ての設置場所を確認し
確実に施工する事をお勧めします。

耐震補強に関しては、それぞれの住宅で筋違いの位置は違います。
詳しくは、北海道立北方建築研究所さんのHPをごらん下さい。


以上で、今回は終わります。


ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
人気ブログランキングへ


theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。