スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録【GW圧縮パック】

気流止め【グラスウール圧縮パック】制作


ブログで書いた「気流止めと付ける位置」の事ですが、
多くのお問い合わせがありましたので、
実際に気流止め【グラスウール圧縮パック】を作り動画にしました。

「使うもの」 
①高性能グラスウール16kg100ミリ
②カッター
③45リットルゴミ袋
④掃除機

「動画補助説明」
使うグラスウールは、高性能グラスウール16kg100ミリ
〈在来工法の柱105ミリの場合〉
柱~間柱の寸法は、  GW幅 388ミリ
間柱~間柱の寸法は、 GW幅 425ミリ
の材料が必要となります。
GWの高さは、30cm位でカットして使用します。
(動画はその材料を用意し、45リットルのゴミ袋にカットしたGWを入れるところからスタートしています)

「制作時に感じた注意点」
掃除機の吸い込み口先端を袋の中で宙に浮いた状態で空気を抜くと、ゴミ袋のナイロンが掃除機の吸い込み口に詰まるので、掃除機の吸い込み口先端をGWに密着させるようにします。

出来上がった【グラスウール圧縮パック】は、動画では袋をきつく結んでいますが、
作り置きできるほど長時間の圧縮は持ちません。
10分~15分くらいで、徐々にGW本来の形に戻りはじめます。
(結び目の隙間などから空気が自然に入ってきていると思われます)

作り置きする場合は、結び目をテープなどを貼り空気の浸入を防ぐ必要があります。
ただし、制作したGW圧縮パックをすぐ使用する場合は、このままでも良いと思います。
(気流止めとして壁内に入れた後には、もとの形に戻す事になるのですから・・・)


次回は、実録【気流止め設置】についてです。

ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
人気ブログランキングへ


theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。