スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単板ガラス5ミリに色々貼った効果

単板ガラス5ミリに貼った効果(結果)


ブログのちなみに・・・でご紹介しました
単板ガラス5ミリに色々なものを貼った時、熱の伝える温度(表面温度)を測定をした結果です。
※この実験は、前回の単板ガラス・ペアガラス・Low-eペアガラスの時と室温は変わっています。

実験内容
前回使った箱の中に電球が入った器具を使用しています。
今回の使うガラスは、単板ガラス5ミリ部分のガラス
その上に5種類のものを貼って実験しました。
種類 ①保温シートA(空気層が直線になってあるもの)厚さ5ミリ
   ②ダンボール 厚さ4ミリ
   ③レジャーシート(アルミ箔付き) 厚さ3ミリ
   ④保温シートB (プチプチと呼ばれるもの)厚さ5ミリ
   ⑤新聞紙
   ⑥単板ガラス そのまま
電球を灯し、3分間待ってから貼り物の表面温度を温度計で測定しました。


結果
1・2
左から順番に効果のあったものです。
1番効果のあったもの、レジャーシート       表面温度  28℃     
続いて、          ダンボール         表面温度  38℃
続いて、         保温シートB(プチプチ)   表面温度  44℃

4・5・6
効果の感じられなかったものです。
保温シートA・新聞紙でした。
単板ガラスの表面温度は、参考に写真に収めました。
上記のものは、すべて50℃でした。

今回は、温度計も細かいものでは無く一般的なものでの実験でした。
その点もあり、保温シートAと新聞紙では効果を確認できませんでした。

あきらかに、効果が出ているものは~
レジャーシート(アルミ箔付きのもの)※お弁当の保温に使うシートのようなものでもOKです。
ダンボールの2種類でした。

これらをガラス全面に貼ると全ての効果があがると言う事でもありません。
冬の夜などは、貼ってあると断熱的には良いでしょうが・・・・
冬の日中に、このレジャーシートを住宅全部の窓に貼りっぱなしだと、日射を得られないために暖房費や電気照明費が掛かります。(日射取得率が悪いため負荷暖房費が多くなる。)

それらを考えると、昼と夜で簡単に使い分けのできるものがあれば良いのですが・・・・
やはり、多少のガラス面の結露は覚悟してもカーテンやハニカムサーモスクリーンと言う事になるのでしょうか?

既存住宅での断熱効果と結露対策の2点をクリアするもので、安価で効果のあるものという点ではまだまだ研究が必要です。

以上で、今回は終わります。

ポチッと押してもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。