スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1室のみのプチ高性能リフォーム

1室のみのプチ高性能リフォーム


この頃、徐々に寒くなってきました。
私の家なんかも、夜お風呂に入る時には「今から入る」と覚悟を決めないと、なかなか洗面所で服を脱ぎたくないような感じです。

そこで、既存の住宅のお風呂の入れ替えリフォームと同時にプチ高性能にして
ヒートショックなどの起きにくい環境に変身させるという住環境設計のお話です。
※プチ高性能=住宅の一部分だけを高性能住宅のような住環境にすること。
※プチ高性能でも、C値・Q値の設定・測定・換気流量の測定・暖房カロリー計算・設定は可能です。
ヒートショック=急激な温度差による血圧の上昇で起きる心筋梗塞など

プチ高性能(既存)左の図が既存の状態です。
お風呂は、タイル張りの床・壁で大きな引き違いのアルミサッシ、ガラスは単板スリガラスです。
浴槽の隣にはバランス釜というボイラーがあり、今回そのバランス釜が壊れたために、思い切ってユニットバスに入れ替えるなどの場合です。
図を見て思う事は、洗面所が狭くお風呂が横長です。
このままの寸法では、ユニットバスの値段も高いので・・・・一般に普及されてる1坪タイプと呼ばれるものに変えると、洗面所も洗面脱衣室にかわり使いやすくなります。
また、せっかく今の床や壁のタイルを剥がしますので、この際断熱材を入れて~浴室からの湿気を他の部屋へ行かないように壁・床・天井に防湿気密シートなどを貼ると結露の問題も解消されてきます。

このような場合~お風呂の入れ替え工事が前提です。それを利用してその部分だけでも断熱改修することで、まっさらな状態からの断熱改修より費用を抑えながら出来るプチ高性能となります。


このような提案となりました。
プチ高性能(新規)(プチ高性能後)
サッシの大きさも形も変えました。前の大きなサッシみたいに開放感は無いと思いますが・・・その分ガラスや枠などからの熱損失は良くなります。
また、この部屋をスポッリ断熱材・気密シートで囲う事により湿気による結露の対策・保温能力の向上などが得られます。
換気もユニットバスについてくる換気扇で良いです。・・・新たに設置する必要はありません。(換気扇の容量的には浴室・洗面脱衣室を併せても多いくらいです。)
暖房も、大掛かりな物はいりません。小さめの電気ストーブ1台あれば充分に暖かい環境が出来上がります。

この住環境の設計で、ヒートショックの対策・暖房ランニングコスト対策・結露対策をし、ユニットバスへの入れ替えと同時に、浴室・洗面所の快適環境へと費用を抑えながら変身させます。

プチ高性能の注意点
既存の住宅とプチ高性能リフォームをした箇所では、住環境に違いが出ます。
図で言うと、洗面所の入り口は冬期間に開け放しておくと換気の不足による結露や暖房費の増加につながります。
冬期間は、出入り後に確実に扉を閉めるように心がけをしなくては、良い環境にはなりません。
住む人のプチ高性能の理解も必要になってきます。

それが、住環境からくる人体への負担の軽減と暖房費の節約・快適環境の維持につながります。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。