スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な事は4つの性能

住環境を守る上でこの4つの性能は欠かせません。


①気密の性能  相当隙間面積=C値
家に穴が開いていると、そこから暑い空気や寒い空気が入ってきます。
その状態は、窓を開けて冷房・暖房をつけている状態とかわらないのです。
いかに、隙間を少なくするかは、この性能で判ります。 また施工後調べる事も可能です。

②断熱の性能  熱損失係数=Q値
隙間を出来るだけ無くした住宅で、次に考える事は熱の逃げをどれだけ遅らせるかです。
その為に、断熱材を使います。
※断熱材だけを入れても、隙間が多い住宅では何の効き目もありません。
 隙間を出来るだけ減らしたうえで、断熱材を入れないと全然断熱材は効きません。

③換気の性能  1時間に家の半分の空気を確実に入れ替えます。
①・②を住宅に行うと、一般の住宅よりも密閉された状況になります。その中の空気が生活する事により汚染されます。こういう住宅は、しっかりした換気設備で確実に新鮮空気と入れ替えることにより、生活臭のこもりや前の晩御飯の臭いなども綺麗になります。
また、対流を考えて施工をしますと、結露の心配もなくなります。

④冷暖房の性能全館冷暖房で温度差を無くし、ランニングコスト計算もできます。
せっかく、保温保冷能力抜群の住宅です。快適にすごすためには、冷暖房の設置場所や能力を計算し設置すると、余計なエネルギー消費などを抑えられます。
また、温度差を無くし対流を作るため、生活の敵であるカビや結露を防ぎます。
健康の面でも、温度差が無いので、浴室~脱衣室間のヒートショックも防げます。


②の熱損失係数=Q値について


①のお話は後にしまして・・・・・

熱損失計算図
この図が住宅の熱損失の計算で見るものです。
簡単な話ですが・・・・

家の屋根から1時間に熱がどのくらい逃げるか?壁から熱がどのくらい逃げるか?床から熱がどのくらい逃げるか?窓から熱がどのくらい逃げるか?換気扇から熱がどのくらい逃げるか?逃げる熱の総数量

がでます。

総数量÷床面積一時間に1㎡あたりの逃げる熱量  これがQ値となります。

このQ値は少なければ少ないほど 逃げる熱量が少ないので 性能の良い物となります。

次回も今日の続きを・・・・・・
 もっと判りやすく書きたいです。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↓               
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ



theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。