スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弊社に気密測定依頼すると・・・悪く評価される?

建物完成時に弊社に気密測定を依頼される工務店様から、
「気密測定の結果が、他業者さんに依頼するより住まい環境さんにお願いすると悪い結果となりますが・・・なぜでしょうか?」と言われている事について
その時々に説明させてもらっていますが、あらためて記事にしたいと思います。

弊社で行う建物完成時の気密測定では、必要以外の目張りは、行いません。
必要と考えている目張りは一般的に24時間換気のみとなります。(但しダクトレスのシャッターが付いている換気扇は目張りしません。)
その他の第三種換気の給気口やキッチンの同自給排型レンジフード等にシャッターが付いているもの、薪ストーブの給気・排気がストーブの蓋によって密閉されているもの
については、目張りしません。
※気密測定時の目張りというのは、気密測定時に設備機器等を動かすと計測できない事から設備機器を止め外部への貫通口をテープなどによって目張りをすることです。

これは、目張りが面倒だからという理由ではありません。

その理由は建物の躯体だけではなく設備機器にも気密性能は必要と考えているからです。
設備機器に目張りをする事で設備機器の気密性能は関係の無いものになります。
この住宅で暮らす時に、設備機器に目張りをして暮らす方は当然いらっしゃらないわけですから生活レベルでどの位、気密性能が発揮されるのかを測定するために、弊社ではあえて目張りを行いません。

では、これが正しい測定方法なのか?というと
気密測定試験方法では、換気扇の開口部に目張りをしてもしなくても良い事になっています。
ということは、
設備機器等に目張りをすると設備機器の気密性能は関係なくなるために住宅躯体(外皮)だけの気密性能結果となります。
反対に目張りをしないと設備機器のシャッターの気密性能等も関わるため目張りしたときよりも当然、悪い結果となります。
弊社で行う気密測定は、上記の後者と言う事になります。

気密測定は、ただ単に数値がよければよいというものではなく
必要以外の目張りをしない生活レベルでの気密測定の結果を重視したいと私は考えますが、皆さんはいかがでしょうか?

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。