スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネルギーを考えるなら~小さな家へ

弊社は、高性能住宅に携わってから25年以上経過しております。

その当時に建てられたお客様住宅の平均Q値は1.9W/㎡k位で、次世代省エネ基準でいうところ2地域対応くらいでした。
住宅の暖かさ・住宅内の温度差のない環境や結露の起きない環境に大変喜んでいただきました。
そんなお客様の所に、先日訪問させていただいた時のお話です。

現在では、お子様達も成人されて家を離れられ、お客様ご自信も定年となった今、住宅の快適な温熱環境を維持する費用に悩まれています。
それは、住宅の規模が大きいために、幾らQ値が1.9W/㎡kでも暖房費がかかるということ!
使わない部屋が多くなり、夫婦二人で使う空間が限られてるために、こんなに大きな家はムダだったと・・・。
50坪もある住宅、当時はお子さんも入れて5人家族。いまでは、50坪に二人で住んでいます。
使っている部屋よりも常時使わない部屋の方が多くあることから、暖房費のムダを感じますが・・・
これまで暮らしてきた住環境を失いたくないけど、ランニングコストを減らしたいと思うことは至極当たり前のことです。

そこから下記のような相談を受けます。
「使わない部屋の暖房(パネルヒーター)をとめてもいいかな?」
「暖房を止めたら不具合(結露や今までの快適環境が損なわれる)が起きる?」
といったことです。

上記の相談の回答は、下記のとおりです。

局所暖房にすると、今まで以上に一定の温度になるまで寒さを感じますし、熱損失の大きな部位で暖房機を止めると結露を発生させるおそれもあります。
断熱気密化された住宅内で熱の動き(エネルギーは高い方から低い方へ流れます)が今まで以上に遅くなり温度差が発生する状態になりますが、結局暖房に掛かる費用は変わらない結果となるでしょう。
住む人が減ったことで、人体からの発熱量も減ること・家電稼働率も下がり家電からもらえる熱も少なくなることなど・・・。
加えて、年齢が増したことで体の発熱量も減り暖房負荷も多少増える傾向にあります。
つまり、住宅購入時の家族構成や年齢などから考えると現在の生活に必要な熱は、増えているといっても過言ではありません。
暖房を局所にしたりすると、今までの住環境を保つことは困難となることの説明から、断熱改修など検討されますが・・・その工事の費用は大きく掛かるでしょう。
dc0121600.jpg
だからこそ
住宅を、もっと小さく!
将来的にも(年金生活になった時でも)快適な住環境を維持できるランニングコストで、
その時々のライフスタイルに合わせられる可変性をもった小さな家!
ココに答えがあると最近強く感じます。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。