スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場発泡ウレタンの・・・・

前回の記事で現場発泡ウレタンに触れましたので、
今回の記事は、現場発泡ウレタンとその施工精度について記事にします。

左の写真は、現場発泡硬質ウレタンが完了した現場の写真です。
「現場発泡ウレタンの施工だと、繊維系断熱材と違って隙間が出ません」
など、といわれる方もおられますが・・・・
ご覧になって分かるとおり、現場発泡ウレタンでも断熱欠損は存在します。
施工計画のないまま現場発泡ウレタンを施工すると、隙間のない断熱施工は至難の業なのです。

現場でムラなく発泡するためには、吹き付けを行うウレタンガンの先端から吹き付ける場所まで、ある程度の距離を確保しないと、きれいに吹き付けることは難しいのです。
ウレタンガンから吹きつける場所まで距離が短いと、吹きつけの勢いが強すぎて発泡ウレタンが弾き飛ばされ上手く吹き付けるとが出来ないケースもあります。このようなことが原因でピンホールができたり、目視で確認できないような場所では断熱欠損の危険性が高まるのです。
RC造のような凹凸の少ない構造とは違い、木造のように入り組んでいるつくりになると、なおさら綺麗に隙間なく吹き付けることは難しいのです。
ということは、木造のような入り組んだ作りに吹き付ける現場発泡ウレタンは、職人さんの腕(施工精度)にかかってくるということになります。
現場発泡ウレタン施工で住宅全体が一定の断熱材を隙間なく充填されているか?と問われると・・・難しいという結論になります。
つまり、「現場発泡ウレタンだから隙間のない断熱施工は、大丈夫!」では、ないことになります。

では、現場発泡ウレタンの充填施工で、隙間なく綺麗に施工してもらうためにはどうすればよいのでしょう?
それは、職人さんが極力ムラを出さずに吹き付けられる現場の状態や吹き付ける時期などなどを事前に打ち合わせし、現場発泡ウレタン完了後の確認業務は他の断熱施工と同様に必要ということになります!

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。