スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気密性能と給気口のはなし

計画換気システムはすべての住宅に気密性能の善し悪しに関係なく設置されることが義務けされています。
しかし、一定水準の気密が最低でも1.0c㎡/㎡未満の気密性能がポイントとなります。
C値が2.0cm2/m2の気密性能では1Fの隙間から給気されて、2Fの隙間から排気されてしまう内外温度差換気による漏気現象が起きてしまうのです。
気密性能が2c㎡/㎡の建物の場合、圧力の関係から2Fの給気口が排気口に変わるという図です。
(これは、ジュースを飲む時ストローに無数の穴が開いた状態で、いくら吸っても口にジュースが届かないことに似ています。)
せっかく第三種換気で排気と給気を行おうと思っているのですが、部屋の排気と給気との間にストローで言うところの穴が無数に存在します。
その穴から空気が部屋に入ってきて、ゆっくりと流れている部屋の対流を乱し計画した換気の機能はたせないということです。

換気計画の通り2Fにも新鮮空気の導入を考えると下図の気密性能1c㎡/㎡以下の確保が求められます
換気の計画が保てば衛生的で暖冷房の換気損失も最小限にできます。
そのためには「空気量を適正に計量できる換気装置が必要」で、施工後には換気流量測定や調整が必要なのです。
しかし、設置する家に自然換気が起きる隙間があっては風の圧力で隙間から自然換気が発生し換気の計量が崩れれてしまいます。

換気を計画通りに行うためには、
換気設備機器の選定の他に「風の影響や温度差で自然換気が加わらない水準まで・建物の気密化を図る」という事が基本なのです。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。