スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気密性能と防湿

繊維系充填断熱の在来工法では、外壁面に構造用合板・ダイライトなどの面材を貼るケースが増えてきています。
外壁面に、これらの面材を貼り床は根太レス合板などなどを使用して、案外ラフな気密シート施工でも従来の在来工法の相当隙間面積より、はるかに良い数値を出す事が可能となりました。
しかし、気密性能が優れていているから防湿性能も優れているとは一概に言えません。防湿の観点から言うと、「外側に向かって開放」という理論が一般的です。
左の絵のように室内側で湿気を押さえ外部側を透湿性の優れている材料で施工する。
これは、高い方から低い方に移動するエネルギーの動きから冬時期には湿度の高い「住宅内部」から湿度の低い「外部」に向かって湿気が移動することにもあてはまります。
つまり湿気(水蒸気)は、住宅内の内壁を透過し断熱層を通り外部に移動する動きとなります。そこで、室内側の湿気を防湿気密シートを張ることで断熱層へ余分な湿気(水蒸気)を入れないことが重要になってくるのです。

柱外側の合板施工+室内側のラフな気密シート施工状態の住宅では、壁体内に室内の湿気(水蒸気)を容易に断熱層へ入れている状態となります。
つまりこの住宅では、気密性能は良いものの湿気(水蒸気)は出入りし易い状態となっています。このとき、暖房の熱がとどかない壁体内や日中太陽の熱を受けにくい壁体内などでは露点温度に達っし易く、湿気(水蒸気)を含んだ断熱層(壁体内など)では、結露の心配があります。
また住宅内の温熱環境によっては、ラフに張った防湿気密シートが湿気(水蒸気)の動きの邪魔をして結露を助長させたという結果もあります。この結果から、室内側の防湿気密シート施工は高精度に行う必要があります!

防湿気密は室内側でしっかりと施工を行い気密測定の結果で判定したいものですが・・・
最近では面材を貼るケースが増えていますので、室内側の気密性能だけを測ることは非常に困難です。しかし防湿の理論を知ったうえで、室内側の防湿気密施工を行い目視による検査を行うことで、理論を知る前とは大幅に違います。
(勿論、露点温度にさせないためのための暖房・換気の計画・施工は言うまでもありません。)

前回の記事から後張り気密施工の困難な部分。今回の記事で防湿気密シートの施工精度が重要ということを記事にしました。
防湿気密の性能を確かにすることは、住宅や人体の健康を守ることに繋がります。
上記の性能を確かなものにするためにも防湿気密シート施工は、「先張り施工」をお勧めします!
(補足:事前に施工計画している壁体構成の防露(定常)計算を行い防湿の位置を確認し施工することは、とても重要です!)


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。