スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後張り気密施工とそのリスク

気密性能である相当隙間面積(c値)1c㎡/㎡以下は、
「計画的な換気の実現」や「熱損失計算上での確かな数値」を表すために必要な性能値です!
C値1.0c㎡/㎡にするための施工方法ですが・・・
今回は、後張り施工の例を記事にします。
左の写真は、防湿気密シートを建て方時に張る先張り施工を行わず、断熱材充填後に全ての防湿気密シートを張る後張り施工を行った現場です。
写真をご覧になって分かるように、根太1本づつの気密の処理が写されています。
後張り施工では、この根太の本数分気密施工が必要となりますので、
その本数分防湿気密シートをカットし防水気密テープで処理を行うことになります。
つまり、気密シートを先張りした加工無しの性能まで、施工精度を上げることは非常に困難で、切ったり貼ったりの施工が増えることは、漏気のリスクもそれだけ大きいという事です。

次に左の写真のように大引きに接続さている根太の気密処理は、根太材をはずさない限り難しく、
一般的に現場では、コーキングやウレタンなどで隙間を塞ぐ処理がされているようです。
しかし、その施工で本当に気密処理できたのか?を考えると、「隙間に詰め込んでおそらく大丈夫であろう」といった憶測の施工なのです。


今回は、土台と根太部分の後張り施工の写真をご覧いただきましたが
このような部分が、家全体で起こっていると考えると・・・・
とても、C値1.0c㎡/㎡以下にすることは、困難と考えざるおえません。

しかし、
このような現場でも測定結果が、1.0c㎡/㎡以下の性能が出ています。
それは柱の外側に面材を貼って耐力をとっている工法だから、その分気密性能が上がっているのです。
つまり、外側の面材と内側の防湿気密シートのWの効果で、気密性能C値1.0c㎡/㎡以下が達成できているのです。

では、気密性能が1.0c㎡/㎡だからといいではないか?というご意見もありますが・・・。
そこには、落とし穴があるのです。。。

その落とし穴については次回にします。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。