スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続・連続・連続

昨日、知り合いの暖房工事を行っている業者さんから連絡が入り
「お客さんから暖房をつけても家が温まらないので見て欲しい」と工務店を通じて依頼されたそうです。
現場に行くと、暖房器具は正常に動いているので、家の性能ではないか?とのことで調査を依頼されました。
お宅に入ると暖房器具は運転されているものの、やはり寒い。
このお宅、床断熱・天井断熱(ブローイング)・壁断熱(ネオマフォーム外張り)。
床下・天井裏に入り原因がわかりました。
断熱、気密の連続施工がされていません。
床下の基礎換気口から入った冷気が外張り断熱の内側の壁を通り天井裏へ流れています。
つまり基礎換気口から入った冷気を抑えるものは、断熱材ではなく石膏ボードになっていたのです。
これでは、せっかくネオマフォームのような高価な断熱材を使っても効き目がありません。

住宅が暖まらないのは、暖房器具のせいではなく住宅の性能なのです。
そのことを暖房工事の業者さんは気が付いていたのでしょうが、お世話になっている工務店に「住宅の性能が悪い」とは言い出せずに第三者である弊社へ依頼し調査結果を工務店に伝えて欲しいかったのであろうと感じています。

高価な断熱材で施工しているから、必ず住宅の断熱性能が担保されるのではないのです。
断熱も気密も熱的境界線に連続施工し、気密試験なりで確認を行って住宅の断熱気密性能が発揮されるのです。

断熱も気密も連続施工が大切です、お忘れないようにお願いします!

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。