スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Q値を絵に書いた餅」にしないためのチームワーク!

設計図面の試算Q値は設計された建物を完成させることで達成できるのだ。と言う方がいらっしゃいます。しかし、残念ながらそうとは言いきれないのです。
設計試算Q値を目標として建物を施工するのですが・・・その施工は、一般住宅と比べて非常に高度な技術と知識と各職種のチームワークが必要なのです。
このことは、地場の工務店だけのことではなく、工場で製作されたパネルを現場に搬入し、現場で断熱壁・床・屋根パネルを組み立てる大手のパネル住宅も例外ではないのです。

大手の断熱パネルは工場で製作されるので断熱欠損があるということは考えにくいのですが、電気線・換気扇・水道管・排水管・エアコン配管の貫通や、断熱パネルをやむを得ず加工する場合は、施工する関係者(設計者・現場監督・施工者)が断熱気密についての知識や断熱・気密施工の技術を持たないと設計試算Q値と建物完成後のQ値に大きな差が出ることが多いのです。

この大きな差が出る原因は施工する関係者が建物を造る目的を共有しないために起こってしまうものです。

一方、地元の工務店はというと現場で大手の断熱パネルを作るようなものなのでチームの団結がないと設計試算Q値=完成時のQ値にすることはとても困難になります。
しかし、チーム全員が断熱気密についての知識や施工管理の意識を共有しあった現場では、大手ハウスメーカーの建物よりも良い結果を出すケースが数多くあります。

このように、設計時のQ値を達成するためには、施工性の悪い設計を避けることや現場監督が各職種の施工計画・工程・品質管理を綿密に立てることができれば設計試算Q値が「絵に描いた餅」ならないのだと私は考えています。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。