スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高断熱高気密住宅で不快な住環境

例年のとおり、寒い時期に入って結露の相談が増えています。
今年は、高断熱高気密型住宅の結露や寒いといった相談が一般住宅に比べて圧倒的に多いです。
どのような住環境でそのようなトラブルになっているか?
次世代省エネルギー基準Ⅱ地域での結露の例を記事にします。

C値(相当隙間面積)も1.0c㎡/㎡以下で、Q値(熱損失係数)も1.9w/㎡以下の住宅ですが・・・暖房は、住宅のリビングに大熱量の暖房機が一台。局所の第三種換気設置しているというような物件で多数の結露相談が寄せられています。
上記のような現場では、廊下とリビングを繋ぐ扉の下部分のアンダーカットが小さいために、リビングの暖房の熱を廊下部分や各部屋へ伝え難い状況にしています。
そのためリビングから最も離れた部屋や外部との開閉がある玄関に繋がっている廊下などでは、同じ住宅内のリビングとカナリの温度差になります。
加えて、そのリビングから最も離れた部屋(リビングからの熱がとどき難い部屋)に窓が多くあると、窓面からのコールドドラフトの影響により、もっと温度差は大きくなります。

局所換気の流量を測定してみると、
設計時にメーカーのカタログから設定した換気量が、実際には確保されていないのです。
ちなみに窓を開けて流量測定をしてみると、局所換気メーカーのカタログの換気量に近い値を示します。
このことから、気密性が良い建物では住宅内が負圧になり局所換気が引っ張り合いを行なう事で、カタログの換気量がでていないと推測します。
いずれにしろ、この状態では換気不足となり、住宅の汚染空気や湿気の排出が適正に行なわれていないことになります。

このような住環境で、
リビングに洗濯物を干したりすると・・・
洗濯物から出た湿気は、住宅内で均一になろうとしますので、家中に拡散します。
その湿気を確実に排出できれば良いのですが、局所換気で換気の流量が足りずに外部への湿気の排出が追いつきません。
更に住宅内の温度は、各部屋で温度差がある状態。リビングから最も離れた部屋の一番温度が低い窓表面が露点温度に達して結露します。
このように、結露は悪い条件が重なり合って起こります。

対策としては、
①湿気などを確実に排出できる換気の導入(局所換気の増設またはセントラル換気への変更)と温度差を解消できるような暖房設備の増設(暖房機を分散しバランスの良い配置にするなど)や扉のアンダーカットを行なう
または、
②過剰な湿気を出すものを住宅内へ持ち込まない
などになります。

「C値・Q値が良ければ住宅が快適な環境になる」のでは、ないのです。これらの値は住宅の性能を数値で表しています。
住宅のC値・Q値にみあった換気・冷暖房設備を計画し設置することで快適な環境に近づきます。
快適な住環境を得るためには、断熱・気密・換気・冷暖房の4つのバランスが大事なのです。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。