スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ホームビルダー11年3月号に掲載された住宅を改善!

今回は、以前ブログ【失敗しない住宅購入のポイント?】でご紹介したBさんの住宅(日経ホームビルダー11年3月号に掲載された住宅)を改善工事のレポートです。

一昨年の年末にK工務店さんの紹介でBさんにお会いしました。
Bさんにお話を伺うと・・・・ブログでご紹介した以外にも初めてこの住宅で冬を迎え、「新築時に設定設置してもらった、蓄熱暖房機で部屋が暖まらない。深夜電力で蓄熱されたはずの暖房機が翌日の昼にはすべて放熱し、夕方には暖房が効かないので寒い」などの問題点が出てきたようでした。
Bさんからこの不快な住環境を直したいとの事で、弊社が調査依頼を受け、気密測定・熱カメラ・長期温湿度測定記録器・目視による調査を2010.12.30に行い、調査報告書と改善案を作成提出しました。
その内容の一部をご紹介します。

【調査報告の一部】
Bさんの住宅の気密測定器の結果は・・・隙間相当面積は5.82c㎡/㎡位で、次世代省エネルギー基準2c㎡/㎡の2倍以上の隙間がある住宅と判明。
長期温湿度測定記録器によると・・・12月~1月の約1ヶ月間で部屋が18℃以上になった日はありませんでした。26坪くらいの住宅で1ヶ月の電気料金は(家電・電灯・暖房・給湯含む)50,000円位掛かっていたそうで最高室温18℃です。(晴れた日のお昼時間に最高室温となっています)平均室温は15℃を下回っていました。
天井裏を目視で確認すると1階下屋部分の天井断熱層と2階の外壁側断熱層が連結されておらず1階の天井裏の外気がまともに1階の各部分へ流れ込んでいる状態。(この部分の写真が日経ホームビルダー11年3月号に掲載されています。)
基礎では、基礎に断熱が貼ってあり・・・土台下に通気パッキン?で床にも断熱材が貼ってあり、基礎断熱と床断熱がごちゃ混ぜです。
浴室周りの壁には、気流止めがないため床下の外気がもろに浴室周りの壁をすり抜け天井裏へ流れ込んでいるので、1階のダウンライトの下にいると、シャワーのように冷たい空気を感じました。
このように外部と境目のない現状の住宅では、自然換気量が増えます。
ほかに無断熱部分もあるので・・・図面から計算されたQ値で暖房負荷計算を行い設定された暖房機の能力では暖房不足に陥ります。その結果、室温MAX18℃以下という住環境に繋がっています。

【改善案の一部】
左の写真が、その時の改善案の図面の一部です。
これは、先程の説明の「1階下屋部分の天井断熱層と2階の外壁側断熱層が連結されておらず1階の天井裏の外気がまともに1階の各部分へ流れ込んでいる」部分を改善するための図面です。
2階の外壁側断熱層と連結するために、既存天井断熱から新規に屋根断熱へと変更し断熱層を連結する事が目的です。
基礎部分に関しては、既存の布基礎に断熱材が貼ってあったことで、土台下の気密パッキン部分を埋め殺し基礎断熱とする方法。
既存床断熱部分の断熱材を剥ぎ取り熱的な仕切りを取り除く作業をすることで、床下と床上の温度差を解消して結露を防ぎます。
その他、外気に接する天井(上部ベランダ)の無断熱部分の断熱気密施工などの改善。

昨年の8月に改善工事を行ないました。弊社は技術サポートとして協力しK工務店さんが主体となっての施工でした。
新築後2年目での改善工事、施主様が費用負担と言う事もあり、全てが改善案の図面どおりの施工とはいきませんでしたが、限られた予算内で最低限の断熱気密工事を行い完成後の気密測定で隙間相当面積1c㎡/㎡位まで気密改善する事ができました。
今年の初め、Bさんより「暖かい冬を迎えることが出来ています。ありがとうございます。」と感謝の手紙が弊社に届きました。 この場をお借りしてお礼申し上げます。

今回、Bさんのお宅では既存の施工で今回の改善に都合の良い面もあり、次世代省エネ基準の隙間相当面積をクリアできる気密性能に改善できましたが、断熱工法や構造・費用的な問題で、全ての改善工事がにこのような次世代省エネルギー基準をクリアする気密性能まで改善できない場合もあります。
新築住宅が不快な環境や冷暖房費のランニングコストの増大などで、気密や断熱を改善するとなると、仕上げ材などを解体する工事から始まるために、生活に支障をきたし費用の負担も大きく精神的ストレスも重なります。
このような改善をしない住宅を得るため、新築する際の計画・設計や工務店選びは、お施主様にとって難しいですがカナリ重要です。
また、不快な環境に直結する断熱・気密・換気・冷暖房などの施工完了後の測定などは、必ずしなければいけないという法的なキマリはありませんが、気密測定や換気の風量測定のような性能の確認は、住環境において安心材料となりますので、お勧めします。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。