スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

換気は細かなコントロールの効くもので!

弊社では数々の換気扇を実験的に使用してきましたが・・・
換気はセントラル換気で細かなコントロールの効くもがベターです。
また、気密住宅でのセントラル換気と局所換気の併用は、排気の引っ張り合いをするためカタログ数値の性能がでないといったこともあり原則としてお勧めしません。
局所換気の場合、スイッチの入り切りのみで、スイッチを入れたまま排気流量を変更する事は出来ません。
そのため、換気のスイッチを入れたままだと寒かったりで、不快な環境となっています。
これに対し第三種セントラル換気の場合、本体に何段階かの排気量をコントロールできる仕組みになっているものもあります。
その他に各部屋の排気口も排気する流量を変えられ様々なライフスタイルに対応できる仕組みになっています。
このような換気システムが気密住宅ではお勧めです。
換気の本体のコントロールや各部屋の流量を絞ることで、暖房ランニングコストが下がったり、過乾燥を防いだりもできるのです。
新築引渡し当初は、1時間に住宅の半分の空気が入れ替わるように設定されているのですが・・・・
ライフスタイルに合わせてドンドン換気をコントロールしていいのです。
この時の注意することは、住宅内の湿気の排気も絞っている事になるので、「窓の表面などにウッスラと結露がおきるかもしれない」と言う事だけ頭においてください!
この窓表面結露に注意しながら、「自宅にあった第三種セントラル換気のポイントをご自身で見つけ出してバランスよい換気のコントロールを行う」といった方法も良い住環境作りに繋がります。

(上記の方法はしっかりとした防湿・気密がされている住宅に限ります。防湿が不十分な場合、壁体内結露の結露の危険もありますご注意下さい!)

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。