スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金属製玄関ドアの落とし穴

左の写真は、あるメーカーの断熱ドアの枠部分の断面です。
ご覧のとおり扉には断熱材が充填されています。
しかし家の内外を貫通する玄関ドアの枠がアルミ(金属)で、その枠に断熱材が入っていないことが、わかります。
このような金属製の断熱ドアの場合、ドア枠が無断熱のものが一般的なようです。
扉は断熱扉なのに扉をうけるドア枠材は無断熱で、熱を伝えやすい金属であるとこが、玄関部分で結露を発生させやすい条件を作っていることになります。
このような玄関ドアの熱橋部対策としては、
①金属製の断熱ドアのドア枠を熱を伝え難い材質のもの(木製)に変更する。
②玄関ドア本体を木製の断熱ドアに変更する。(ガデリウス(スウェドア)など)
③金属製の断熱ドア・ドア枠を使用した場合、玄関部分の温度を露点温度に達しないようにドア付近に暖房機を設置し暖房する
などの対策を行うと、玄関ドア枠部分での結露の恐れは軽減されるでしょう。

今回紹介したような玄関ドアの熱橋部は結構見落とされがちです、
この部分の熱橋対策もお勧めします!

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。