スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ高性能リフォーム→換気の重要性!

引き続き
現在、進行中の1階部分だけをプチ高性能リフォームがありますので、それを例にとって説明をいたします。
プチ高性能リフォーム換気は、
第三種換気セントラル方式の日本住環境ルフロ400で設定しました。
一般的に断熱改修されている現場では・・・・局所換気を導入される事が多いと思います。
弊社では、
以前のブログ「なぜダクトレス換気をお勧めしないの?」にも記事した通りの理由から、よほどの理由がない限り局所換気をお勧めしておりません。

断熱改修の目的は、省エネで快適な住環境を得るため!
「断熱」「気密」「換気」「暖房」この四つのバランスをとることが重要です。
換気も例外ではありません。

換気の関係で起こるトラブルを列記してみます。
気密が不確かな住宅に第3種換気を設定しても、計画的な換気のコントロールが出来ません。
(隙間が多く点在するため・・・・風や温度差などの自然給気量が多くなるためです。)

また、換気の流量をコントロールできないものは、様々なパターンの生活に対応できないものとなります。
(普段より多くの水蒸気を出す鍋料理や普段より多くの煙を出す焼肉、来客された方の喫煙などなどで・・・換気量を普段の生活よりも大きくしたいなどです)

「暖房」と「換気」の関係では、せっかく温めた空気をコントロールできない換気扇によって過剰に排気してしまっては、エネルギーの無駄になります。

反対に設定された換気扇の能力が少なすぎる「換気」では、日々の生活で出る湿気を排出しきれずに、室内が露点温度に達してしまうと結露を発生させます。
とこのような問題が起こっています。

特に「断熱」や「気密」が優れた住宅では、
隙間風の浸入が従来の住宅よりも極端に少なく、密閉に近い空間となります。
密閉に近いので、少ない冷暖房費で住宅のエネルギーが賄えますが・・・・閉め切られた空間で確実な換気を行っていないと、室内は空気汚染や多湿状態になります。
これが結露や生活臭となるのです。
そのため第3種換気は、
「汚染された室内空気を外へ排出し、新鮮な空気を室内に導入」を確実にコントロールできるシステムが求められるのです!

次回はプチ高性能リフォームの換気施工です。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。