スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代省エネ基準クリア住宅の困ったところ。

次世代省エネ基準クリア住宅の困った点!


全てにおいて、万能なものは無いと言えるでしょう~。
次世代省エネ基準をクリアした住宅でも、多少困る点はあります。

1.一般の住宅よりも暖かいため住宅内の食品の痛みが早いです。(非断熱室を作ると解消されます)

2.一般の住宅と違い24時間換気システムは確実に作動しています。モーター音はします。

3.気密をキチンととっている為、住宅内部の音が響きやすい。(内部の間仕切り壁に吸音材を入れると緩和します)

4.一般の住宅よりも、多少乾燥傾向にあります。(ひどい乾燥ではありません。)

今までの経験では、このくらいの事がわかっています。
ただ、解消できるものもあります。

こういう住宅を建てる際は、この問題も頭に入れて相談されると良いでしょう♪



一般住宅と次世代省エネ基準クリア住宅の違いは?


これは、簡単に説明することが難しいのですが・・・・・
次世代クリア住宅は住環境に関わる事柄が数値で表してある点と冷暖房のランニングコストが出る点。。。
また、結露の対策もしてあります。
bG-2.jpgこれは、全館暖房で、部屋全体が暖まっている様子です。


一般の住宅は、住環境において測定不可能や計算不可能の場合が多いです。
ですので、冷暖房のランニングコストなどはもちろんでません
結露対策は無しです。
bG-1.jpgこれは、局所の暖房で暖めている様子

上記の絵で見るとかなりの差が有るように見えます。
実際、この様な感じです。
冬に部屋を出てトイレに行くのが嫌になるとか、廊下の床に足が触れると冷たく感じるなどこの状態が、下の絵のような状態です。

さて、次回はタイトルにもありますがQと言う数値について書きます。。


theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。