スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高性能住宅の住まい方

気密住宅が普及したての頃の住まい方マニュアル、あるいは住まいの手引きの「結露と暮らし方」では
①開放型ストーブを使わない。
②加湿器は使わない。
③洗濯物は室内に干さない
④台所、浴室は使用時、使用後は積極的に換気を図る。
⑤家具の裏や押し入れは通風をよくする。
⑥非暖房室はつくらない。
⑦窓に結露がしたらすぐ拭き取る。
⑧窓を開放し、室内の水蒸気を外に排出する。
・・・・など住まう側に制約を強いる制約がほとんでした。

現在でもマンションなどでは、「結露を防ぐ快適な生活…注意!!」などといった似たような結露対策が行われています。

高性能住宅、高気密高断熱住宅、オール電化住宅は本来、生活と暮らし方を制約するものではなく、2,3の注意さえ守れば、快適で自由な生活が可能です。
qw組写真

その2,3の注意?とは
何度も触れてきましたが、結露を防ぐためのは、先ず、全室暖房で室温を維持することが大切です。室温を保つと結露はほとんど防止することができます。

北国地方では全室暖房をして、換気を図ると冬期間は相対湿度が40%を割り込む場合いがありますので注意が必要です。住宅一戸当たり最低でも100m3位の換気量が確保されていると結露は起きづらいものです。

暮らし方で問題が起きるとすると、北側の外壁面に設けられた押し入れは危険です。
押入れの布団が外壁面に接している場合は、室内側の表面温度が低下して結露が発生する危険性が高く、昔は押入れの内側にスノコを施工する。・・・・・などの対策が取られていました。

最近、セントラルヒーティング、蓄熱暖房機の普及とともに、結露が減ったため、また外壁面に押入れを設けるプランも増えてきましたがスノコは見かけなくなりました。外壁面に押入れにスノコを設けていない場合は布団は壁に押しつけないようにしましょう!

現場施工の手違いで集中排気型換気扇の場合はドアのアンダーカットがないか、あっても非常に小さい場合、換気が取れず被害が出る危険性があります。
常識では考えられないのですが万一のために普段はドアは開放的使うようにしましょう。

高性能住宅、オール電化住宅、高気密・高断熱住宅では全室暖房と同時にセントラル換気が必要です。
この条件があって、初めて自由な暮らし方ができます。そのため、換気システムがユーザーにより止められる構造になっている場合は問題です。輸入品の換気システムの場合はほとんど切ることができるOFF機能はありません。国産の換気システムの多くは入り切りスイッチがあるので注意が必要です。

●換気は24時間常時換気することを心掛けしましょう!
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛岡アレルギーっ子サークル

アレルギーという病気は国民の30%以上の人が何等かのアレルギーにかかっていると言

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。