スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この暖房機お得!

寒い時期になって、テレビなどでは暖房機は何にするとお得でしょう?なんてやっています。
さて、何の暖房がお得でしょうか?
簡単なようで難しいお話です。。。
それは、各住宅の性能によって違うので一概に回答はでません。(住宅の性能を知らないと何ともいえないからです。)

従来の住宅では、
住宅が失う熱量が大きく、そこで住むためには膨大な熱量が必要でした。
そこで瞬時に熱量を大きく出せる暖房機(ファンヒーター・FFヒーター)が主流になりました。
でも、これは快適?省エネ?で疑問が残ります。

また、この従来の住宅に、
省エネルギーで流行のヒートポンプ式(床暖房または温水パネルヒーター)暖房用電気ボイラーなどを導入した場合どうなるでしょう?
快適性も省エネ性も向上するでしょうか?

答えは、ノーです。
ヒートポンプ式暖房用電気ボイラーは、発熱量が抑えられた大変優れたボイラーですが、
住宅の性能(Q値)が次世代省エネルギー基準を満たさない住宅などに導入した場合、
ボイラーはフル回転をしても、住宅から逃げる熱量の方が多いため、寒い環境となります。
ボイラーが常にフル回転のため、ランニングコストは増大し省エネにもならず快適性も得られないものとなります。
従来の住宅の場合、
熱のコントールが非常に難しいので、快適性と省エネルギー性を得られる暖房機の設定は、大変困難なのです!


熱をコントロールできる住宅は、快適性と省エネルギー性を得られる暖房機の設定を容易に行うことが可能となります。
例えば、次世代省エネルギー基準を満たした住宅・省エネ等級4の住宅とかQ1住宅などがそのいい例です。


さて、次世代省エネルギー基準を満たした住宅で採用される暖房機は、
上記で説明したヒートポンプ式暖房用電気ボイラーが快適性・省エネ性を得られるセントラル暖房などで主流になりつつありますが、
この他に、
地熱を利用したヒートポンプボイラー(足りない熱量は電気による)なども最近では採用が増えてきましたが、こちらはどうでしょうか?
これらはまだ弊社では、数棟しか経験はなくデータ不足ではありますが・・・・紹介したいと思います。
岩手県でのデータでは、
次世代省エネルギー基準を満たしたQ値1.9W/㎡Kの住宅でも、ランニングコストを見てみると
上記で説明したヒートポンプ式(床暖房または温水パネルヒーター)暖房用電気ボイラーのランニングコストとさほど変わりない
という結果が出てきています。
ということは、
例えば・・・ヒートポンプ式暖房用電気ボイラーのイニシャルコストが100万円程度で、地熱式ヒートポンプボイラーのイニシャルコストが200万円だった場合、
Q値1.9W/㎡Kの住宅では、どちらのボイラーでも同じランニングコストだと・・・・電気式ヒートポンプボイラーの方がお得なになってきます。

しかし、Q値が1.2W/㎡Kの住宅では、
最低気温が観測される2月の暖房による電気代が、僅か数千円のランニングコストで全館暖房できるという結果も出ています。
この場合だと、上記のイニシャルコストの差があったとしても地熱ヒートポンプボイラーはお得になってきます。

これらのデータを見ると、
地熱を利用したヒートポンプボイラー採用には、Q値1.6W/㎡Kの住宅性能が必要なようです。

できるだけ暖房のランニングコストを抑えて暮らしたい方は、1.6W/㎡K以下のQ値にもこだわった住宅にしてはいかがでしょうか?


クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。