スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗しない住宅購入のポイント?

失敗しない住宅購入のポイント?

先日、盛岡市のK工務店のAさんとお話しする機会がありました。
その時のお話しを紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Aさんに知人のBさんから今年の春先に引っ越しばかりの新築住宅について相談があると、困った様子の電話があったそうです。

Bさんは、Aさんとは知人でしたが何かの理由で○○ハウスに建築を依頼しまいましたが、とてつもない大きな問題を抱えてしまいました。
P9100016.jpg
Aさんが抱えた引っ越ししたばかりの新築住宅の悩みとは?
その悩みとは新築したばかりなのに結露があり・カビが発生して、住宅内に砂が入ってくる・・・のでおかしいというものです。
また仕上げ材(クロス)が半年も立たないうちに剥がれてきた。などと問題はその他数多くあるようです。

Bさんは、建設した○○ハウスに改善要求をしても、のらりくらりとかわされて、一向に改善してくれません。・・・・そこで契約しなかった知人のAさんに相談しづらかったのですが頼るところがなかったので、解決方法を探るために頼ることにしました。

しかし、Aさんは、Bさんからの相談(話だけで)は(図面も契約書も見ないままで)判断はできないので、「友人に住環境の調査をしている会社があるので、そこに調査を依頼してみては?第三者の立場で報告書を提出してもらえることで、その報告書を元に施工店へ提示して改善するといった方法もありますよ。」とBさんにアドバイスしたそうです。
ところで
Bさんが知人のAさんと契約しないで○○ハウスメーカーと契約した理由を伺うと
「外観・間取り・内装仕上げ材、設備機器(キッチン・お風呂)などを○○ハウスの展示場を見て決めた」ということでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※K工務店は地元の工務店です。年間に10棟前後の着工数で小さな工務店ですが岩手ではエコハウスをローコストで造る工務店です。
○○ハウスように展示場を常設していません。しかし、エコハウスの技術を最先端で提供している老舗の工務店です。そのため○○ハウスと違ってコストをかける優先順位は外観・間取り・内装仕上げ材、設備機器ではなく、構造・断熱・気密・換気・断冷房を最優先してコスト配分を提案している会社です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それを聞いたAさんは、
「確かに間取りや外観は、とても素敵だと思います。住宅展示場を周ると、豪華な仕上げ材でお客様を惹こうとするので、Bさんの考えもわかりますが、建物本体の構造・断熱・気密・換気・断冷房性能は仕上げ材や構造面を維持する上で重要なのです」

「価値観の違いなのですが、仕上げ材(壁紙やフロアー・キッチンなど)は、器(建物本体)の性能が一定のレベルを超えたものであれば美観を維持することも可能です。器(住宅本体の構造・断熱・気密・換気・断冷房)の性能が悪いと、新築当初の仕上げ材の美観は、あっという間にカビなどで損なわれてしまい構造面での耐久性も結露水などに侵され早い時期に劣化を迎えることにつながります。」
P8240151.jpg
「つまりは、仕上げ材の美観の維持や構造体の耐久性を維持させるには、軽視されがちな器(建物本体の構造・断熱・気密・換気・断冷房)の性能がとても大事なことだと常々感じています。今となっては、遅いですが、もう少し早い時期に(Bさんの住宅購入前に)アドバイスできていればと反省しています。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこでBさんの例から「失敗しない住宅購入(住宅会社の選定)のポイントは何か?」を考えると・・・・
「器(建物本体の構造・断熱・気密・換気・断冷房)はどのハウスメーカーでも同じように施工販売されていると思っている方が多いようですが、
全ての会社が器(建物本体の構造・断熱・気密・換気・断冷房)の性能を重視して又は完備して販売されているわけではないのです」

「特に、断熱・気密・換気・暖冷房の計画で4つのバランスをとることは簡単ではないことと、施工上でも性能を維持させる施工技術の曖昧さが多く、経験上、本物の高性能住宅を施工・販売されているものはとても数少ないのが残念です。
それらを防ぐためには個々の住宅の性能を試験・結果報告書を提出し引き渡している会社を選ぶことや、住宅専門の第三者に住宅を監理してもらうといった方法がトラブルは少ないようです。」

その後Bさんは、この新築住宅を第三者に調査依頼するかは検討中のようです。


クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

No title

おはようございます。

いつも、お世話になっております。


おかげさまで、どうにかB様宅も、改善の方向に動き出したようです。  器が決まってるので、いつものような性能には到底持ってはいけませんが、少しでも良くなるようにアドバイスは継続中であります。 とりあえず、○○ハウスさんに、直すところまでは直させて、その後様子を見てみようかと思います。

また、何かのときは相談させていただきます。

これからも、よろしくお願いします。

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。