スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高性能住宅の過乾燥対策

冬場に換気を十分取ると、室内が乾燥して喉を痛めるという話を聞きます。
「昔の家はこんなことがなかった!」と言われることもあります。

昔の家はは断熱も気密も換気も意識せずに作られて、ストーブの上にヤカンを置いて湯気を出していた頃は喉には適度な湿気あって良かったのです。

温度計
最近の断熱・気密が高い住宅は、湿度計では冬場には35%前後の相対湿度を指します。
私たちが昔から聞いている「快適な温度は40~60%」という物差しからは大きく外れています。

そこでその解消方法として
①観葉植物を沢山置いて、その水やりの湿気を利用する方法。
(これには生活主体となるリビングなどに観葉植物を置く。別室にまたグリーンエリアを作り、鉢物や観葉植物などを置きその部屋から湿気の多い空気を取り入れる方法)
②洗濯物を室内に干す方法。
③風呂の湯を流さないで、扉を開けておく方法。

などがありますがあまり湿度を高くして結露を起こすと、カビやダニが発生して、逆に健康上の問題になることが考えられます。
③の風呂のお湯を利用する方法は、さほど体感的にまた湿度計でも大きな変化があった感じはしません。(やらないよりはやったほうがいいかも程度です。)

高断熱・高気密・計画換気・全室暖房がうまくいっている家では冬場で23℃で35%前後を指す時があります。
湿度が35%というと、すごく乾燥しているように感じますが、生活して慣れてくると以外にも乾燥感を感じなくなります。

それは室内に隙間風や強制的な温風がないために、空気が動いて粘膜や肌の水分が奪われることがないのが理由のようです。ホテルのように静電気が起きるほど乾燥する話も聞きません。

湿度35%前後という数字を気にするよりは、感覚を頼りに乾燥感を測ったほうが正しい場合もあります。
快適な湿度は40~60%という説も必ずこのぞゾーンでなければならないという意味ではなくて35%前後でもさほど健康には問題はないのです。また、市販の湿度計は狂いやすい計器ですから、湿度計の数字はあまり当てにならないということも言えます。

その他の対策として、調湿性のある建材の使用が考えられるのですが一般的には石膏ボードの上に塗る3mm前後の厚さですから、調湿があってもすぐに飽和状態になり、その調湿の恩恵は微々たるもので体に感じるほどではありません。

最も効果があり省エネをしながら過乾燥対策は室温を下げて湿度(相対湿度)を上げる方法です。
湿度を加湿器などの様々な機器による方法で上げるのではなく室温を下げることで乾燥感をなくすることを考えましょう。

乾燥感が最も気になるのは起きている時よりも寝て起きた時に感じるので(口の中が渇く)夜間は室温設定を低くすることで乾燥感を体感的にかなり解消できます。
例えば、23℃/30%の空気が18℃まで温度を下げると、湿度は40%まで上がります。

低温でも肌寒さを感じさせない方法としては、気密性を高めた上で暖房を輻射と自然対流中心にするほか、何といっても窓の断熱性能を上げることです。

最近は断熱性能の高いアルゴンガス入りLOW-Eペアガラスが主流になっています。
これを使うと100mm厚の木材とほぼ同じくらいの断熱性がありますので周辺部や空気溜まりが発生するケース以外はほとんど結露は起きません。
低温でも快適に生活できるので過乾燥対策をしながら省エネにもなり家計も大いに助かります。

クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

確実にに気密を上げる天井断熱方法

壁の断熱工法には大きく分けて主にグラスウールなど繊維系断熱材を構造材の間に充填す

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。