スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手の高性能住宅!気密施工マニュアル3(外部土台周り断熱気密処理)

岩手の高性能住宅!気密施工マニュアル3(外土台周り断熱気密処理)


岩手県H市の現場の施工をシリーズとして、
気密の施工マニュアルを「宮城の家」と同時進行でUPしていきますので参考にしていただければと思います。
このマニュアルでは新築での気密施工ですが・・断熱リフォームでも十分使える部分がありますので参考にして下さい。

今回は、建て方完了時の土台周りの断熱気密処理です。

基礎断熱の、
基礎工事でスタイロフォームを一体打ち込みする場合は、立ち上がり基礎天端よりスタイロフォームが1cm~1.5cm高い施工が理想です。
(スタイロフォームが基礎天端よりかなり上がっていると、ウレタン材が奥まで届かず上手く発泡できない恐れがあります)
土台防蟻ウレタン
写真左上は今回使うウレタン材(ハイプレン防蟻フォーム:三井化学産資㈱

写真右上の様に土台とスタイロフォームの隙間にウレタン材を充填していきます。

充填後写真左下の様に膨らみますので、シッカリと固まってからスタイロフォームと同じ高さでカットします。

この土台部分は次の工程まで時間が空きます。
その空いた時間に雨水などの浸入を防ぐ目的で
カット後は、写真右下の様に仮に防水気密テープを貼ります。

万が一この部分から雨水が入り込むと土台の下部分まで雨水がとどく可能性があります。
そうなると、乾くまで相当な時間が掛かります。
気密住宅は建築中も、極力水分を住宅内に入れない工夫や施工が大切ですね!

クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。