スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッコン閉めても冷気浸入??

パッコンを閉めても冷気浸入??


34組写真
左の写真は、先月に所長の部屋を熱カメラで撮影したものです。

高断熱高気密住宅で、所長の部屋は実験のため、一部壁などは貼っていない箇所があります。

今回は、その部屋でパッコンを開閉させて熱カメラで撮影した結果のご報告です。
写真下部がパッコンを開けている状態です、ご覧のとおりパッコンから冷気が浸入して下へ流れている様子がわかります。
その後、比較するためにパッコンを閉めて数分後に撮影したものが上の写真となります。

なんと、パッコンを閉めても冷気の影響は出ています、しかもウッスラとコールドドラフトまで。。。
パッコンの蓋正面には既製の断熱材が入っていますので、そこからの影響はさほどありませんが、蓋側面のプラスチックの薄い部分に冷気の影響がでています。

ちなみに、ここの給気口(東面)外部からの空気の取り入れ口は、寒冷地という事もあり外壁通気層からです。
外気温は、マイナス5~6℃だったでしょうか。
空気の取り入れ口が外壁の外側からで北面のパッコンだとしたら、これ以上の影響が考えられます。

熱カメラでの写真を見ると、パッコンを閉めていても蓋の側面は、ガラスの表面温度と変わっていません。
さて出来るだけ、このパッコンのままで安価に解決する方法は、ないものでしょうか?

比較的簡単な方法は、パッコンの蓋を断熱材で覆ってあげると良いのでしょうが、見栄えが・・・・・という問題もあります。
やむなく取り替える方向で既製品を探してみると・・・どの製品も似たような形でなかなか見つけられません。

そこで、簡単にパッコンの筒内部に入れられて、パッコンを閉めた状態で極力冷気の浸入を防げるもの、しかも使用時に簡単に取り外せるものは・・・・と探していると、
イン・ノオージェイベック株式会社さんに左の写真ようなものが販売されています。
イン・ノオーという製品、これは、給気口内に入れて流量を調整するもの+消音にも良い製品(φ80・φ100・φ160)のようです。

音でお困りの方には、良いかもしれません。
次回の冬にでも、この製品を購入して試してみたいと思っています。

ふと思ったのですが、この方式だと気流止めに使った圧縮グラスウールパックなどをパッコンの筒内部に入れて使えるかもしれませんね♪


クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ


theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。