スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内温度の垂れ流し

室内温度の垂れ流し


今回も熱カメラ画像です。
今回の熱カメラモデル住宅は、我が家となります。
画像はクリックすると拡大します。
築30年住宅熱写真ご覧のとおりの状態です。(築30年、局所温風暖房)
どこが断熱欠損なのか?というか・・・・
家全体から室内の温度は逃げています。
これでは、気流止めどころではありません。
(実は壁を剥がしてみたところ・・・・壁に断熱材が入っていませんでした。30年前ってこんなものなのかも知れませんね。)

やはり、在来工法ということもあって、外壁と軒の取り合い部分は、画像で赤くなっているので熱の逃げがはっきり分かります。

写真左の掃き出しサッシ中央部下側には、ブログでもご紹介したシートが貼ってあります。
そのおかげか?その部分から逃げている温度は上部と比べて少ないようです。
ガラスにシートを貼った効果が多少出ています。

ガラスにシートを貼った様子は「アイテムでサッシの熱橋結露を防ぐ」に載っていますので、ご覧下さい。

画像はクリックすると拡大します。
組写真
我が家は、このような状態の住宅で(廊下やトイレ・洗面所・お風呂の床は凍るように冷たい)一ヶ月の暖房灯油消費量は、約220リットル。
室内の熱を外に垂れ流し状態です。
住環境は悪いし、ランニングコストは掛かるし・・・
Q1(キューワン)住宅が欲しいです・・・・が、

Q1住宅は、当分先になりそうなので、暇を見つけては断熱材を入れて次の冬に備えようと思うこの頃でした。

ちなみに、左の写真は新住協さんのQ1(キューワン)住宅の熱カメラ画像です。
※画像は、クリックして表面温度と照らし合わせてご覧下さい。




クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。