スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドドラフト対策

コールドドラフト対策暖房


高性能(住環境)住宅で新築されるさいに、計画のQ値が設定されます。
それから、住宅内の温度を20℃と設定した場合の必要熱量から、住む人の熱や家電製品からの熱・日射取得熱などを引いた熱量が負荷暖房の熱量となるわけです。

そこで、その熱量をクリアする暖房器具を一台で、住宅の負荷暖房をまかなうような発想がでてきます。
たしかに、暖房器具が1台でまかなえると、イニシャルコストも安くすみます。
しかし、それでは住宅が快適温度になるまでや極端に寒い日などは、不快な環境になりやすいのです。

負荷暖房の熱量と暖房器具の熱量を比べると、負荷暖房の数値を上回る暖房熱量だから住宅内は快適になるように思えますが、そうではないのです。
※写真はクリックすると拡大します。
電気パネル1
それは、暖房を設置している場所からコールドドラフトが起きている場所までの距離やその部分での必要熱量の供給に時間がかかることなどが原因で、不快な環境が発生します。

住宅内の冷気が感じられる部分はまばらにあり、その冷気が浸入しやすい部分には、コールドドラフト対策の暖房器具を設置しないと、その部分は住宅内でも不快な場所となります。

これは、高性能住宅になればなるほど感じられます。
というのも、一般の住宅であれば隙間が至る所に点在しているため、住宅内全てが寒いという感じです。
そのため、とりわけここが不快だとは感じませんでした。

それが、高性能住宅となると隙間はほぼなく、床や壁・屋根などの断熱の効果は抜群です。
そうなると、住宅内の断熱の弱い部分から冷気をかんじます。
その他の空間は快適なのですから、その不快感はかなりのものでしょう。

そこで主暖房器具のほかに、大きな窓の下や第三種換気の給気口の下などには、コールドドラフト対策の補助暖房器具を設置する事をお勧めします。

※写真はクリックすると拡大します。
電気パネル2
また、高性能住宅建設時に何らかの理由で付けられなかった方にも、写真のような電気式のコールドドラフト対策パネルヒーターなどがあります。
コールドドラフトでお悩みの方は、こちらが便利だと思います。

このパネルヒーターには、サーモが付いています。
また、電気式温水パネルヒーターなので、カーテンなどが触っても火事の心配もないようです。
パネルヒーター内の温水の行き返りの温水の温度で、自動で暖房の入りきりを行ってくれるので大変便利です。

住宅建設時のイニシャルコストの増加などから、補助暖房を付けられなかった方でも実際に住んでみてから、的確な場所にこのようなコールドドラフト対策暖房機の設置はできます。

また前もって、住んでからの設置を考えるのであれば、新築時に北面などの窓下や第三種換気給気口の下には補助暖房用単独のコンセントだけは、準備しておくと便利です。

※今回の紹介はピーエス㈱さんの製品です。←HPは、こちらからどうぞ!

クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

基礎断熱の床ガラリ

 初めまして、ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記のkokkoと申します。

 毎回、興味深く拝読させていただいています。
 いきなりの質問で申し訳ありませんが、基礎断熱の1階床についてご教示いただきたいのでよろしくお願いします。
 昆さんにも質問させていただいていますが、是非、ふるかわさんもご意見をお聞かせ下さい。
 
 我が家は、基礎断熱(立上り部のみカネライトフォーム内張、玄関以外の土間は断熱材なし)で、床材がサクラの無垢材にポリウレタン塗装がされたものです。
 Ⅴ地域の鹿児島で氷点下になることはほとんどないものの、暖房がエアコンだけなので、外気が0℃近くまで下がると床の冷たさが気になります。
 床の表面温度は室温並みにはなっていますが、素足ではかなり冷たく感じます。

 フローリングにガラリはありません。竣工が2008年12月で、2シーズン目の冬が過ぎ、基礎コンクリートの水も大分抜けつつあるので、昨シーズンよりは改善していると思いますが、期待したほどの暖かさは感じられません。
 施工の工務店では、床下暖房を推奨していますが、ほとんどの施主はエアコンのみの暖房を選択しているようです。 
 24時間換気はダクト式3種で床下にも排気口がありますので、陰圧になり湿気の問題はないかと思います。

 そこで質問ですが、床下暖房でない場合でも、床にガラリは設置すべきでしょうか?
 夏は涼しいのですが、冬はガラリがないことで床下と居室が隔絶され、床が冷たいのではないかと考えます。
   参考記事 → http://sea.ap.teacup.com/kokko/160.html

 同じ工務店で建築された方のデータで、1日の温度が外気温0℃~13℃の日に、室温11℃~18℃に対し、床下は1日中ほぼ15℃を保っているというものがありました。
 基礎断熱の空気環境は、居室と同じという私のイメージからとはかけ離れた結果となっており、気になります。
 ただ、ガラリを付けたところで、暖かい空気は床下まで降りないのではないか?との疑問もあります。

 我が家では、効果が確実でない限り、今更ガラリを付けるというのも難しいですが、今後、建築される皆さんには、床下暖房はなくてもガラリの設置をお勧めした方がいいのかなと考えております。
 長文で失礼しましたが、よろしく御指導方お願いします。

Re: 基礎断熱の床ガラリ

めざせ!Q1(キューワン)住環境ブログのふるかわです。
コメントありがとうございます。

弊社の所長がここ一か月ほど体調を崩しましてメールもブログも更新できない状態でした。
昨日から仕事に復帰していますので・・・回答については所長からチェックしてもらいお送りいたしましたのでご覧下さい。
所長と同じご質問でしたので、所長からの回答はいたしませんのでよろしくお願いいたします。

「回答」

>床下暖房でない場合でも、床にガラリは設置すべきでしょうか?

床ガラリの設置は構造、工法によって設置するべきか判断が分かれる問題です。
また、竣工時期によっても同じ地域で建てられた高断熱・高気密住宅であっても床下に結露、カビが発生している現場も実例としてありますので
一概にこうしなければならない回答がないのが現状です。
構造、工法の違いでも床下の環境は大分異なったものになります。

例えば、所長の実験棟は在来軸組構法で外断熱(外内断熱のダブル断熱)工法のため壁の中が70mm程空間があります。
基礎は基礎断熱土間床工法です。
床組の方法は一般的な根太床組なため土台から壁の中に隙間があり、床下空間の繋がっている環境になっています。
また、さらに床ガラリも数か所設けています。
また基礎断熱ですが従来の布基礎の場合に設置する換気ガラリの位置に気密・断熱型の開閉式の換気口も夏対策のために設けています。

床下には換気(排気口)がありませんが南面、西面に日射が当たり、
外側の通気層の空気の移動も同じですが室内側の70mmの壁空間の空気も暖められて軽くなり上昇することと、
第三種換気装置の効果で少しづつ排気口に誘引させることで比較的に床下空間は床上空間に近い環境になっています。

ただ、やはり床下には暖房器がないために、20℃前後の空気が床下に伝わっても、床上の空間と完全に同じくなりません。
しかし、床下温度を上げることは露天温度を上げることなので結露防止にはかなり役に立ちます。
参考記事
http://dannetu.blog.smatch.jp/blog/2006/10/post-e677.html
http://dannetu.blog.smatch.jp/blog/2006/09/post-49aa.html

一方、外断熱でない内断熱の場合は壁の中には繊維系断熱材が充填されており、尚且つ気密シートがあるので壁に中の通気は期待できません。
また、在来軸組構法であっても最近はツーバイ工法のように「プラットフォーム」で施工されることが多いため、壁と根太の間に隙間が生じないため、
先の所長宅のような床下から壁から室内から排気口に繋がるシステムは期待できません。

そのため、このような場合の対策としては、床下空間を室内に取り込むという基礎断熱の考え方に基づき、床下空間を暖房・換気することによって
室内と同じ環境に近づけることがポイントになります。

特に冬期施工の住宅は、基礎コンクリートを早い段階から暖めるとともに床下通気による換気・乾燥を促すことがポイントになります。

基礎コンクリートを暖めるためには床下に放熱器を設置してを積極的に暖房するのが一つの方法です。

また、温水パネル暖房であれば温水配管を裸のまま布基礎外周に沿って1周回て配管材を通して放熱させるとか、床下に数か所パネルヒーターを設ける。
電気蓄熱暖房であれば1階床面を開けて土間に落とし込んで設置するといった工夫をしている例もあります。
いずれにしても、床下空間を室内と同じくすれば、結露もカビも発生しないのですから、できるだけガラリを設ける方法が理にかなっております。。

換気量は0.5回/時床下の換気については、適切な間仕切り基礎の配置や人通口の確保を行った上で、
機械換気の排気ダクトを下ろし空気がきれいに流れるように人通口を確保するとともに、
土台廻りの断熱・気密をしっかりやっておくことを前提として、室内同様0.5回/時の換気量を取ることが必要です。

この時に在来軸組構法の根太工法の場合には床ガラリをいくつもあちこちに付けていると、ショートサーキットを起こして排気ダクト近くの床ガラリのまわりしか換気されないため、
あえて床ガラリは付ける必要はありません。
床下へは床廻りの隙間から室内の空気が入るので心配はないです。
ただ、プラットフォームの床など床廻りの気密性が高い場合には、排気ダクトの対角線上に床ガラリを付けることが必要です。
床下の気積にもよりますが、実際には30m3/h前後の換気量(排気量)があれば大丈夫です。

床下に換気の排気ダクトを入れると、冬期に室内の暖かい空気が床下に流入して結露を起こすのではないかという意見もありますが、
床下暖房でなくても全室暖房を行っている住宅であれば、悪くても室温22度の時に基礎断熱した床下空間の温度は17度前後に保たれている測定データもあり、
結露環境にはなりません。(所長宅の今日現在の床面の表面温度が22℃時に土間面は19℃になっています。)



※参考
2年前から、弊社が加入しているQ1住宅を推進する岩手のグループで盛岡県立大学の○○先生に依頼して、
高断熱・高気密住宅の基礎断熱での床下結露、カビ、発生があるのか?・・・の調査を行っています。
現段階では調査は数年にわたることから引き続き調査調査中で終了していませんが
第一回目の報告会では10棟程調査の中で数棟は若干結露、カビが発生しているものの欠陥住宅として問題となるものでではないことの報告がありました。
その数棟の中で最も結露、カビに侵されていない床下環境が良い現場は基礎断熱で床ガラリを設置していて
基礎の立ち上がりと土間前面に断熱材を入れてスラブヒーターにしている現場でした。

この暖房方法で行う場合には床ガラリを設置して暖気を各居室に誘引して全体を暖めようとする暖房方式なので床下に排気ダクトを設置する必要がありません。
しかし2階まで暖気が行き渡らないため、二階の部屋には蓄熱暖房機とかエアコンで対応しなければなりません。
またこの方法の欠点は窓の窓のコールドラフトを防ぐことができません。

>床の表面温度は室温並みにはなっていますが、素足ではかなり冷たく感じます。
>そこで質問ですが、床下暖房でない場合でも、床にガラリは設置すべきでしょうか? 
夏は涼しいのですが、冬はガラリがないことで床下と居室が隔絶され、床が冷たいのではないかと考えます。

●床の表面温度は何度か記載されておりませんが20℃の表面温度では素足だと冷たいと感じるかもしれません。
靴下を履いていれば冷たくない感じになると思いますが素足で冷たくない感じは22℃くらいになります。
(ちなみに人によって異なりますが20℃の体感は床に座った静止状態は、
少し寒いのでは…と感じますが22℃になるととても快適ですが子供にとっては暑いと感じるかもしれません。)

この解決策としては先に説明をいたしましたように室内の暖房器で表面温度を上げるか、床下の温度を上げる方法が必要です。
床下の温度を上げる方法には床下に暖房器を新たに設置して床下の温度を上げるか、
床下にガラリを設けて室内に暖かい空気を取り込むこ簡易の方法を選択するかです。
ただ、床下に直接熱源がある場合と違って、多少温度差できるのはご承知の通りです。
特にエアコンの温風暖房であれば現在よりさらに高い温度設定にしなければ暖かいと感じないかもしれません。
床下に暖房器を置くことはかなりの費用がかかりますので、一度床ガラリを設けて試してみる価値はあると思います。


※床ガラリを設ける場合にはガラリを開閉できる(隙間の調節ができるガラリ)物がいいと思います。その理由は排気口に近いガラリ部分から多く誘引し、
遠くのガラリからは誘引しないショートサーキットを起こす可能性があるので近い所は隙間を小さく、遠いところは大きく開けるとよいでしょう。

土間に断熱材がないのとあるのでは土間の表面温度は大分異なります。一度、床の表面温度と土間の表面温度を測って見てください。
その差が大きいと土間床に熱が奪われており室内の温度を上げないと快適に感じないと思います。

>同じ工務店で建築された方のデータで、1日の温度が外気温0℃~13℃の日に、室温11℃~18℃に対し
、床下は1日中ほぼ15℃を保っているというものがありました。 

●このデーターの建物は高気密・高断熱の住宅ですか?
そうであれば室温が室温11℃~18℃という室内環境は理解できません。暖房していないのでしょうか?
ご承知の通り、温度は高い方から低い方に移動します。地温が15℃と室温より高く、低い室温側に向かって地熱が移動します。
そのため、床下空間は地熱に近いのではと思われます。
想像ですが11℃という室温はあちこちに結露が発生しているのではと心配します。
次世代省エネ基準クラスで全室暖房住宅であれば11℃になることは考えられません。
また、無暖房住宅であっても・・・このような室内環境にはなりません。

※参考:土間床にして密閉空間の場合の心配は冬ではなく夏です。
夏は地温によって土間が冷却されます。
一般的に地温は一年中15℃前後になっていることで知られています。ちょうど地下室の温室度と同じ環境になります。
地下室はよく結露の被害が多いのですが木造住宅の場合には結露の被害が現れないのは建物が地上にあるため、開口部も多くあり、夏の換気がスムーズに行われているからです。
しかし、最近のプラットフォームのような床構成の場合には窓もなく、気密性が高いことから、室内と遮断した空間になるため、
むしろ、15℃の地温に影響されて夏の結露の危険性が高まります。
一般の住宅の場合にはよほどの悪条件がないと上記の状態でも結露はしませんが土間床は少なくとも外周基礎から120cm室内側に断熱しないと
基礎周辺部は外気温の影響を受けて冬は結露が発生する危険があります。
夏冬の両方の結露防止を考えるのであれば、土間床は前面に断熱しておく方が安全です。


以上回答とさせて頂きます。
説明でわからないことがありましたら再度メールかコメントを下さい。

ご回答ありがとうございます。

 大変、詳細に解説いただきありがとうございました。

 ご指摘いただいた点につきまして、当方も再度、確認の上またコメントさせていただきます。
 今後ともよろしくお願いします。

お勉強になります

私のブログまで見ていただいて恐縮です

高気密・高断熱・通気や換気を研究すればするほど難しい気がします

まったくの素人の私には ^^;;

住宅は健康を守るものでないと何にもなりませんね

私の家には透湿シートもなにもないし通気層もありません

壁厚さも9センチしかないので2階は暑くて夏は大変です

天井裏には入れないので天井にスチレンボード貼り付けてます

小屋裏換気はついてないのですが35年前の木質パネル住宅は

棟換気してないのでしょうか? 軒にも何処にも見当たりません

今度屋根に断熱塗料を塗ってみょうかと考えてます

住宅に関して何でこんなちぐはぐな不健康住宅ばかりいつまでも作られるのか

不思議です  

基礎を含む外断熱2重通気工法 生体エネルギーや地熱利用住宅 ソーラーパネル

のような太陽熱などを利用したシステムに関心があります

またいろいろ教えてください





Re: お勉強になります

ブログ購読・コメントありがとうございます。
これからも、応援よろしくお願い致します。

Re: ご回答ありがとうございます。

コメントありがとうございます。
こちらこそ、今後もよろしくお願い致します。

床下表面温度について

 先日は、詳細なご回答ありがとうございました。
 ご指導のあった床下の温度を測定してみました。

 3月10日23時、外気温2℃の状況です。
 北側和室   室温21.0℃ 床面21.5℃ 部屋中央床下土間表面 17.7℃
 南側リビング 室温21.0℃ 床面21.0℃ 部屋中央床下土間表面 19.7℃

 フローリング下地に構造用合板が入っているため、居室と床下は遮断されているものと思いますが、温度差は意外と少ない結果となりました。
 ただし、北側基礎立ち上がり直近の土間面は13.9℃と外気温の影響を受けているため、結露の心配もあります。
 やはり、土間面にポリスチレンフォームを敷き込みたいと考えます。

 ガラリについては、この温度差なら今から設置する程の効果は期待できないものと考えますがいかがでしょうか?

 >次世代省エネ基準クラスで全室暖房住宅であれば11℃になることは考えられません。
 >また、無暖房住宅であっても・・・このような室内環境にはなりません。

 このお宅はほとんど暖房をされないのだろうと思います。それでも断熱不足が懸念されるでしょうか? 
 夏場は床下温度が1日中ほぼ27℃という状況ですので、結露の心配は少ないかと思います。(室温27℃~32℃)

Re: 床下表面温度について

コメントありがとうございます。
少し遅くなりましたが、回答させて頂きます。

「回答」

>3月10日23時、外気温2℃の状況です。
 北側和室   室温21.0℃ 床面21.5℃ 部屋中央床下土間表面 17.7℃
 南側リビング 室温21.0℃ 床面21.0℃ 部屋中央床下土間表面 19.7℃

 フローリング下地に構造用合板が入っているため、居室と床下は遮断されているものと思いますが、温度差は意外と少ない結果となりました。

>ただし、北側基礎立ち上がり直近の土間面は13.9℃と外気温の影響を受けているため、結露の心配もあります。
 やはり、土間面にポリスチレンフォームを敷き込みたいと考えます。

基礎の土間が極端に低い場合の原因は推測として
①地下水位が高いため地下水に熱が奪われるため土間コンクリートに蓄熱できないため温度が低下している。
②凍結深度に関係で基礎の立ち上がりの断熱材の寸法不足(一般的に外気温度の影響を避けるためには基礎の立ち上がりから1.2mは外周部には断熱が必要とされます。)
しかし次世代省エネ基準と指針での基礎断熱の説明では「断熱の位置は基礎の直部の外側、内側、又は両側のいずれかを原則としています。
土間コンクリート下での水平断熱は、地下水位が高く地盤への熱損失が増加される心配がある場合を除いては特に施工する必要はない。」とされています。
しかし経験から言えば、全面断熱断熱する方が冬夏の結露に対して必要であると思っております。
あるいは全面断熱しなくても最低基礎の立ち上がり約1m前後は水平断熱はしたいものです。
また凍結深度が深い場合は1m前後の内側外周断熱でも足りない場合があるのでスカート断熱する方法にすると良いと思います。

最近の実例としては水平直下に全面断熱していても外周部の一部が他の土間面の表面温度より低いということがありました。
この現場は両側断熱で土間前面断熱の現場ですが決められた凍結深度になっておらず、浅かかったため外気の影響を受けて外周部の表面温度が下がっていました。

このような場合の解決方法は内側から二液性現場発泡ウレタンで50mm厚で吹き付けすると改善いたします。
またそれ以外で断熱補強をする場合にスタイロフォームとかポリスチレンフォームなどで補強するのが一般的ですが・・・気をつけなければならないことがあります。
それは土間コンクリートとスタイロフォームの接点部分を隙間の空気が動かないように密着させて施工することが大事です。
接着させるための点で部分的に接着材で止めるだけだと静止空気とならないので断熱効果ありません。
また、そのような施工をすると隙間に湿気が入り込んだ場合に内部結露の原因になります。
そのため、見栄えは悪いのですが二液性の現場発泡剤で補強すると隙間がでないので理にかなっています。
あるいはポリスチレンフォームを使う場合は4周囲を現場発泡ウレタンで隙間埋めをして静止空気とさせると良いでしょう。(この場合のウレタン材は一液性のウレタン材でも構わないです。)

さらに、これら以外で考えられる原因としては
③窓のコールドドラフトの影響で窓直下の温度が低下するため・・・その影響が床下に反映されている。
④基礎外周部の土台付近が漏気しているためその付近の温度が低下している。・・・・などの例もあります。


>ガラリについては、この温度差なら今から設置する程の効果は期待できないものと考えますがいかがでしょうか?

ガラりについては結露の問題がなければガラリを設けなくても大丈夫です。
しかし施工時期が湿気を多く含んでいる時期に施工するとか、最近はなくなりつつありますが乾燥材を使わずに・・・密閉されてしまうために現実的には床下の結露発生の実例が多くありますので・・・安全を確保する意味でガラリをつけることを勧めています。
ただし、できるだけ床下に排気口を設けて換気させることがとても大事です。


> このお宅はほとんど暖房をされないのだろうと思います。それでも断熱不足が懸念されるでしょうか? 
 夏場は床下温度が1日中ほぼ27℃という状況ですので、結露の心配は少ないかと思います。(室温27℃~32℃)

結露は温度と湿度の関係ですから・・・この高い?温度だけでは結露はしないとは判断できません。
床下の温度が高くても相対湿度が高く地熱の影響を受けると、露天温度に達しやすく土間面に夏に結露が出ることがあります。
このように断熱材がないか、不足であっても若し高性能住宅で夏冬快適な暖房機とエアコンなどで全室暖冷房の温室度環境になっているのであれば・・・・
その快適空気を床下に誘引することで床下は露天温度に達しないので結露はしないのです。

以上回答とさせて頂きます。
説明でわからないことがありましたら、無料相談コーナーよりご質問下さい。

ご指導ありがとうございました。

 今回は、大変詳細に、またご丁寧に回答くださり、本当にありがとうございました。

 ご指導に従ってポリスチレンフォームの施工にチャレンジしてみたいと思います。

 今後ともよろしく、お願いします。
 また、ブログの更新も楽しみにしていますので、がんばってください。

 

Re: ご指導ありがとうございました。

応援ありがとうございます。
今後もよろしくお願い致します。 
プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。