スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下環境

基礎断熱の床下環境


今回は、基礎断熱の1階床下の環境について書きます。

235zgmwntewmjpz8g.jpg
基礎断熱工法をした場合、床下は室内環境に近くしてあげる事が大切です。
それは、大きな温度差を無くす事・床下と室内で空気の出入りがあることが重要です。
基礎断熱工法の場合、床下も室内と考えてください。

通常の在来工法の場合、気流止めがありませんので床下と室内は繋がっています
が、その部分だけの空気の移動では、床下と室内で温度差が起きる事や建てばかりの住宅では、コンクリートの湿気が換気でききれずに、結露の発生を許す恐れがあります。

在来工法の場合でも、極力1階の床には床下への空気の通り道(スリット)をつけてあげると解消されるでしょう。

ZGMwNTEwMjj49w.jpg
2x4工法や在来工法でも根太レスで床を組む場合は、特に注意が必要です。

それは、基礎工事完了後に建て方を行いますが、この2つの工法は土間コンクリートを1階の床で塞ぐ時期が早い事と
床下内が密閉状態になるために、徐々に乾こうとするコンクリートの湿気がどこへも排出できずに、写真の様に床下木材に結露が発生しカビ・不朽菌の発生を促します。

結露を発生させないためにも、工事中は極力床下の空気を外に出す事が必要です。(床の一部を開放するなどの工夫が必要です)
また、工事期間内だけでは、コンクリートからあがってくる湿気は終わりません。
1~2年位掛けてゆっくりと湿気は出てきます。

住宅が完成してもコンクリートの湿気は微量ですが出ているのです。
床下の結露やカビを防ぐためにも、この2つの工法では1階床に床下空気の出入りが出来るスリットをつける事をお勧めします。

このスリットの上には、ものを載せないようにしてもらい出来るだけ数を多くつけることが望ましいです。

以上今回は、基礎断熱工法の床下結露対策でした。

※写真は土ですが、この部分が基礎断熱の土間コンクリートの場合のお話でした。

このように普段目に付かないところにも、結露やカビの危険性はあります。
ここまで考えてくれる設計士さん工務店さんに住宅をお願いしたいものですね。


クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 住まい
genre : ライフ

comment

Secret

湿度・結露なんてキライ!

ふるかわさん、ブログへのコメントありがとうございました。

私もお久しぶりの訪問ですが、
娘の喘息の悪化に伴ない、現在の貸家(築40年以上の安普請物件です・・・)に住んでいる状態でも少しでも湿気の対策が必要だと感じています。。。
今まで寝室にしていた部屋(北向きで、裏には竹林!なので暗い部屋です)は、床面の湿度は80%だったと判明!
カビはもちろん、きっとダニもたっぷり住んでいることでしょう・・・。

慌てて、現在は居間に寝ています。日当たりがいいので。
とりあえずの対策です。。。

まだまだいろいろ勉強したいので、
時々また見せていただきますネ。

Re: 湿度・結露なんてキライ!

ご訪問ありがとうございます。
今後もよろしくお願い致します。
プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。