スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACH=1.0回をキル気密施工方法

気密施工について、性能向上のためには大きく分けて2つのポイントがあります。
今回はその一番目について記事にします。

①建物を一周するように、気密ラインを繋げる認識が必要
多くの建築図面は、気密施工の細かい事まで明記していません。
現在の住宅建築の常識にもなりつつある気密施工を出来ないと工務店側が言えないままに施工している状況があるかもしれませんが・・・気密性能を出せない現場の多くは、どこが気密ラインなのか分らずに施工しています。(意識がある方のみ)
そこで事前に図面へ気密ラインを赤ペンを使って一筆書きする事で、気密ラインの場所やつなげ方を確認する必要があります。
図面に書きながら、「ここは気密漏れのリスクが高そうだ」とか、「ココの部分の気密は繋がらないけど、どうすればいいのだろう」などの疑問が出てきます。
まさに、その疑問がある部分が「気密漏れの危ないにおいがする部分」で、においを感じた部分の図面を大きく(1/10とか1/3)書いて納得する事が必要です。
つまりこれが施工マニュアルであり原寸図に近い形で確認する作業ということになります。

原寸に近い施工図を書く事で建築図面では見えない部分が明らかとなり、施工でミスしやすい場所の特定や気密部材がないと繋げない箇所などの判断ができます。
施工マニュアルや気密部材説明書の内容を施工者が共有する事で「これは何に使うの?」「こんなの使えない」なんて声や、「間違った施工方法で使う」事は避けられる問題です。
その他、施工マニュアルを書き経験を積む事で工程の順番(気密シート先行で、梁を後に接合など)の変更や建築図面には書かれていない木材(気密施工上必要な部材)が必要!などの判断も出来ます。
現場でよく聞く「これ以上の施工は無理だ!気密はそこそこでもしょうがない」と言った声の多くは、施工マニュアルを作っていなかったり、事前に気密ラインを頭に描いていないために起こる事といっても過言ではありません。
因みにココまでの流れを英語では Perfection is eighty percent planning and twenty percent working. というのだそうです。「段取り八分、仕事二分」日本語   その段取りの話になります。

もう一点
施工者は気密測定に立ち会うことで、今回の施工の反省や次回の施工マニュアル作成や気密施工精度への教訓が生まれます。
施工はしたが、結果は知らないといったケースや気密測定に立ち会わないといったケースはお勧めしません。施工者も肌で感じで悩み一緒に改善することが大切です。

次回は、気密性能を上げる気密施工の②について記事にします。

ACH=○○回とは、50Paの加圧時に一時間に建物容積の空気が何回入れ替わるかを表した漏気回数値で、気密性能を表す単位として世界の多くの国で使われています。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 家を建てる
genre : ライフ

「Q値を絵に書いた餅」にしないためのチームワーク!

設計図面の試算Q値は設計された建物を完成させることで達成できるのだ。と言う方がいらっしゃいます。しかし、残念ながらそうとは言いきれないのです。
設計試算Q値を目標として建物を施工するのですが・・・その施工は、一般住宅と比べて非常に高度な技術と知識と各職種のチームワークが必要なのです。
このことは、地場の工務店だけのことではなく、工場で製作されたパネルを現場に搬入し、現場で断熱壁・床・屋根パネルを組み立てる大手のパネル住宅も例外ではないのです。

大手の断熱パネルは工場で製作されるので断熱欠損があるということは考えにくいのですが、電気線・換気扇・水道管・排水管・エアコン配管の貫通や、断熱パネルをやむを得ず加工する場合は、施工する関係者(設計者・現場監督・施工者)が断熱気密についての知識や断熱・気密施工の技術を持たないと設計試算Q値と建物完成後のQ値に大きな差が出ることが多いのです。

この大きな差が出る原因は施工する関係者が建物を造る目的を共有しないために起こってしまうものです。

一方、地元の工務店はというと現場で大手の断熱パネルを作るようなものなのでチームの団結がないと設計試算Q値=完成時のQ値にすることはとても困難になります。
しかし、チーム全員が断熱気密についての知識や施工管理の意識を共有しあった現場では、大手ハウスメーカーの建物よりも良い結果を出すケースが数多くあります。

このように、設計時のQ値を達成するためには、施工性の悪い設計を避けることや現場監督が各職種の施工計画・工程・品質管理を綿密に立てることができれば設計試算Q値が「絵に描いた餅」ならないのだと私は考えています。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

梅雨時期建築の雨水処理はこまめに!

梅雨時期の建築工事で、建物内部の基礎コンクリートにたまった水いつ処理してますか?
建て方の期間に雨が降ると屋根がかかるまでは、たとえ次の日が晴れていようとそのまま基礎内に水を溜めたまま施工している現場をちらほら見かけます。
現場では屋根をかける方が先決で、基礎内に溜まった水はあとから処理すると結構いわれます。
基礎断熱で気密性のよい建物の場合、熱的に室内になる基礎内に水を溜めたままにしていると、乾いた立ち上がりコンクリートは徐々に水分を吸い始めます。
暫く基礎内の水を放置し屋根がかかってから雑巾やスポンジでふき取り作業しても表面の水をふき取った程度で、コンクリート内に入った水分の排出は難しいです。
直射日光があたり表面温度が高くなるような部分では、水分が排出され易いのですが・・・
この時期の外部の湿度量はかなり多いため、屋根がかかり、日陰になってしまった基礎の水分は、自然に排出は難しい状態となります。
この間に、工事はどんどん進みサッシが設置され外部側に合板が施工されると、建物に水分を閉じ込める結果になります。建物内に閉じ込められた水分は、湿度の少ない部分へ流れ建物内で均一になろうと働きます。 こうなると、建物内では湿気が蔓延した状態となり基礎だけの問題ではなくなるのです。

内部の湿度量に気が付かずに断熱や気密工事が進行すると、建物内に過度な湿気が蔓延した状態から床下で露点温度になりやすいことや壁体内・屋根体内で蒸し返し現象を起こし、夏型結露を発生させる結果となります。
また、この水分の量に気が付いた場合でも、梅雨時期の室内の水分排出(除湿)には、かなりの時間と費用が必要となります。(対称的に冬は絶対湿度が夏と比べ少ないために、暖房し窓を開けることで湿気は比較的速やかに外部へ排出されます)

このように、たかが雨水処理ですが・・・雨水を放置すると大変な問題を引き起こす可能性があります。

屋根をすばやくかけて雨が入らない対策も重要ですが、雨が入った場合すばやくふき取り・乾燥させることも同じくらい大切なのです!

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

構造、意匠、断熱、気密のバランス

意匠と断熱気密や構造と断熱気密どちらが重要なの?なんて質問を新築住宅現場の方からよく質問されます。

構造がきちんとしていないと、耐震に不安で安心して暮らせないでしょうし、断熱気密の施工不具合から結露などを発生させ構造体を腐朽させる住宅でも安心して暮らすこともできません。
意匠も同じことで、、気に入って作り上げたた意匠がわずか数年で結露でボロボロになってしまうことも不安になります。
もちろん、どれも等しく大事なのです。
なぜ??このような質問をするのだろうと考えると工事の計画性に問題があるようです。
「自分はやりたくないが構造や意匠がもっとも大事なのだから、仕上がってしまうと隠れてしまう気密と断熱部分の多少の欠損は目を瞑ってもらいましょう」といいたいのだと私は推測します。
このことは断熱・気密工事をよく理解し構造や仕上げと照らし合わせてバランス良く施工計画を立て、検討することで避けられる問題と考えます。

RC構造やS構造では、施工図を作成し、チェクし承認後施工に入りますが木造住宅の場合は施工図を作成する現場は少ないようです。

もちろん木ですから切ったり足したりできるわけなのですが、柱や梁など構造体に関わる部分についてはそう容易ではありません。。
まして、気密の場合これら構造体と密接に関わる建物外周がほとんどなので、やり直しの困難な部分なのです。

弊社は高性能住宅に携わってから28年以上経過していますが、今でも施工計画や住宅に携わる各業種の方たちとの綿密な事前打ち合わせを行って、構造、意匠、断熱、気密の施工のバランスよく施工するようにしています。

一昔前の夏を旨とするような住宅造りではなく、安全快適で長持ちする省エネルギーな住宅造りはこのバランスがもっとも大事なのです。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

気密施工、1枚の写真から

先日、メールで相談された件をご紹介します。
(相談者様、ブログ掲載了解いただきありがとうございます。)
「新築中の我が家の施工写真です。断熱材はGWの充填断熱なのですがこのような気密工事であっているのでしょうか?」
と左の写真が添付されてきました。

どのような新築住宅の契約内容で施工されているかは、わかりませんが・・・
せっかく防湿気密シートを施工されているのに、このような電気BOX部分の防湿気密施工では、心配です。
在来工法などで、外周柱の外側に合板などを張られている住宅の場合、内部の防湿気密シートの施工が多少アバウトでも、その合板で気密がある程度確保されます。
しかし、内部の防湿気密シートの施工がアバウトだと断熱層(壁体内)などへ住宅内部で発生した、湿気が入る恐れがあります。
上記のような住宅の場合、気密(内部の防湿気密シートと外部の合板)・防湿(内部の防湿気密シート)となるので、気密=防湿ではないのです。
過度な湿気が写真のような部分から壁体内の繊維系断熱層へ侵入すると、断熱層の外側の通気層から湿気を排出しきれなくなり、壁の中で結露水が溜まりカビなどの発生に繋がります。
露点温度に達するような地域でこの写真のような防湿状況では、断熱層に住宅内の湿気をなるべく入れない次のような防湿の施工が求められます。
写真の部分は、気密コンセントボックスなどを使い、確実に防湿気密シートと連結する!
気密コンセントボックス内に入る電線の穴は、電線を通した後にコーキングなどで電線と気密コンセントボックスの隙間を塞ぐ!
これらの事を行うだけで、写真のような部分の防湿対策になります。

住居内の温度差がなく露点温度に達しない室温状況で、換気がしっかりと確保されていれば、結露のリスクは減りますが、
節約のため各部屋の暖房などを切ると、露点温度に達し易い状況を作っていることになりますので、結露の危険性が高まります。
他に換気量不足などでも、結露の危険は高くなります。

キチンとした防湿気密施工や住環境のバランスは結露を防ぎ、住宅を快適だけではなく構造材も長持ちさせます!

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
クリックしてもらうと元気がでます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓        ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。