スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弊社に気密測定依頼すると・・・悪く評価される?

建物完成時に弊社に気密測定を依頼される工務店様から、
「気密測定の結果が、他業者さんに依頼するより住まい環境さんにお願いすると悪い結果となりますが・・・なぜでしょうか?」と言われている事について
その時々に説明させてもらっていますが、あらためて記事にしたいと思います。

弊社で行う建物完成時の気密測定では、必要以外の目張りは、行いません。
必要と考えている目張りは一般的に24時間換気のみとなります。(但しダクトレスのシャッターが付いている換気扇は目張りしません。)
その他の第三種換気の給気口やキッチンの同自給排型レンジフード等にシャッターが付いているもの、薪ストーブの給気・排気がストーブの蓋によって密閉されているもの
については、目張りしません。
※気密測定時の目張りというのは、気密測定時に設備機器等を動かすと計測できない事から設備機器を止め外部への貫通口をテープなどによって目張りをすることです。

これは、目張りが面倒だからという理由ではありません。

その理由は建物の躯体だけではなく設備機器にも気密性能は必要と考えているからです。
設備機器に目張りをする事で設備機器の気密性能は関係の無いものになります。
この住宅で暮らす時に、設備機器に目張りをして暮らす方は当然いらっしゃらないわけですから生活レベルでどの位、気密性能が発揮されるのかを測定するために、弊社ではあえて目張りを行いません。

では、これが正しい測定方法なのか?というと
気密測定試験方法では、換気扇の開口部に目張りをしてもしなくても良い事になっています。
ということは、
設備機器等に目張りをすると設備機器の気密性能は関係なくなるために住宅躯体(外皮)だけの気密性能結果となります。
反対に目張りをしないと設備機器のシャッターの気密性能等も関わるため目張りしたときよりも当然、悪い結果となります。
弊社で行う気密測定は、上記の後者と言う事になります。

気密測定は、ただ単に数値がよければよいというものではなく
必要以外の目張りをしない生活レベルでの気密測定の結果を重視したいと私は考えますが、皆さんはいかがでしょうか?

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

気密施工マニュアルとその結果・・・

弊社施工マニュアルを提出をした物件の気密測定を行ってきました。

昨年末、施工マニュアル提出に伴い関係者皆様に時間を作っていただき、設計士さんの事務所で施工指導を行いました。
その時の風景ですが
棟梁さんはマニュアルの1ページ1ページにマーキングをして自分なりの書き込みをするくらいの熱心さで・・・まじめの中にも設計士さんの冗談で場を和ませていただいた事もあり、和気藹々とした雰囲気で行えました。
今までで一番熱心に聞いていただいたと感じた卓上での楽しい施工指導でした。

その後、現場での施工指導は行っていません。
(弊社に依頼される気密指導では、卓上よりも現場が多いです。そういった意味では今回は稀なケースです)
今日初めて気密測定のために現場へ行ったのです。
現場に着き、玄関ドアを開けた時の玄関ドアを引っ張る力で気密性能が良いであろう事が分かりました。
冬季に施工される現場は寒いために、窓を開けて働いている事は、少ないのです。
住宅の窓やドアを閉めきって働いているので、玄関ドアを開ける力でその家の気密性能が判断できたりします。
それとは別に、今までの経験から玄関を開けて目に見える範囲の施工状態が綺麗だと、たいていの現場の気密性能は良いのでした。

今回も例に漏れず、その通り! 結果はC値0.12c㎡/㎡でした。

防湿気密シートの先張り施工がほぼ初めてという大工さん、現場気密指導もなしでこの結果です。
昨年末の棟梁さんの熱心さが頭の中で蘇り、現場を監理している設計士さんをはじめ関係者の皆さんにその頑張りに感服しました。

最後に、弊社の施工マニュアルは、設計士さんと施工者さんの意識を繋ぐきっかけでしかありません。
関係者皆様が、いちがんとなってよいチームに成れたから出た結果だとおもいます。
私自身良い経験をさせていただきました。今日はありがとうございました。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

中間気密測定で漏気箇所を確認!

弊社では、気密測定を原則2回の実施としています。
1回目は、気密施工が完了した時点で、仕上げ材を施工する前(換気や配管・配線などの工事も完了した段階)
2回目は、建物完成時(2回目の測定結果がその家の気密性能で、気密測定結果表として提出されます。)
1回目の気密測定では、気密施工完了時の気密性能を確認し、不備がある場合補修作業をするための気密測定です。
左の写真は、中間時の気密測定で判明した漏気箇所です。明らかに鋭利な物で気密シートが裂かれています。
この段階であれば、この部分を補修し気密性能を計画性能値まで持っていくことが可能になります。
しかし、仕上げのフロアー材が貼られたり壁が仕上がっていると、漏気箇所をピンポイントで探すことも困難で、たとえ探し当てたとしてもせっかく仕上げたものを壊すことから始まるような防湿気密シートの補修となるのです。

建物の気密性能を中間時に測ることは、水道工事やガス工事などでも行われているように、配管の漏れがないかを埋設前に行う確認業務と同じです。
万が一この業務を忘れてコンクリートや土中に配管を埋設した後に密閉性の試験を行い漏れが判明すると、もう一度掘り直して配管施工をやり直すのです。
これは、住宅の気密性能も同じことで、先に書いた通り仕上げ材を施工する前であれば、計画気密性能値まで補修することが可能になる。
つまり、建築計画時に計算したQ値や換気の計画を確かなものにするためには、住宅建設中間時の気密測定は、品質管理の面からも大事な確認業務です!
他に中間時と建物完成時の気密測定結果と見比べることで、中間時気密測定後の工事の改良点が見つかったり、躯体性能以外の設備機器の気密性なども見えてくることで改良点や次回の機器選定にも繋がるでしょう。

気密測定の義務付けもそうですが、業界全体で気密測定2回の実施が当たり前になってくれることを強く望みます。

その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

気密性能と防湿

繊維系充填断熱の在来工法では、外壁面に構造用合板・ダイライトなどの面材を貼るケースが増えてきています。
外壁面に、これらの面材を貼り床は根太レス合板などなどを使用して、案外ラフな気密シート施工でも従来の在来工法の相当隙間面積より、はるかに良い数値を出す事が可能となりました。
しかし、気密性能が優れていているから防湿性能も優れているとは一概に言えません。防湿の観点から言うと、「外側に向かって開放」という理論が一般的です。
左の絵のように室内側で湿気を押さえ外部側を透湿性の優れている材料で施工する。
これは、高い方から低い方に移動するエネルギーの動きから冬時期には湿度の高い「住宅内部」から湿度の低い「外部」に向かって湿気が移動することにもあてはまります。
つまり湿気(水蒸気)は、住宅内の内壁を透過し断熱層を通り外部に移動する動きとなります。そこで、室内側の湿気を防湿気密シートを張ることで断熱層へ余分な湿気(水蒸気)を入れないことが重要になってくるのです。

柱外側の合板施工+室内側のラフな気密シート施工状態の住宅では、壁体内に室内の湿気(水蒸気)を容易に断熱層へ入れている状態となります。
つまりこの住宅では、気密性能は良いものの湿気(水蒸気)は出入りし易い状態となっています。このとき、暖房の熱がとどかない壁体内や日中太陽の熱を受けにくい壁体内などでは露点温度に達っし易く、湿気(水蒸気)を含んだ断熱層(壁体内など)では、結露の心配があります。
また住宅内の温熱環境によっては、ラフに張った防湿気密シートが湿気(水蒸気)の動きの邪魔をして結露を助長させたという結果もあります。この結果から、室内側の防湿気密シート施工は高精度に行う必要があります!

防湿気密は室内側でしっかりと施工を行い気密測定の結果で判定したいものですが・・・
最近では面材を貼るケースが増えていますので、室内側の気密性能だけを測ることは非常に困難です。しかし防湿の理論を知ったうえで、室内側の防湿気密施工を行い目視による検査を行うことで、理論を知る前とは大幅に違います。
(勿論、露点温度にさせないためのための暖房・換気の計画・施工は言うまでもありません。)

前回の記事から後張り気密施工の困難な部分。今回の記事で防湿気密シートの施工精度が重要ということを記事にしました。
防湿気密の性能を確かにすることは、住宅や人体の健康を守ることに繋がります。
上記の性能を確かなものにするためにも防湿気密シート施工は、「先張り施工」をお勧めします!
(補足:事前に施工計画している壁体構成の防露(定常)計算を行い防湿の位置を確認し施工することは、とても重要です!)


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

後張り気密施工とそのリスク

気密性能である相当隙間面積(c値)1c㎡/㎡以下は、
「計画的な換気の実現」や「熱損失計算上での確かな数値」を表すために必要な性能値です!
C値1.0c㎡/㎡にするための施工方法ですが・・・
今回は、後張り施工の例を記事にします。
左の写真は、防湿気密シートを建て方時に張る先張り施工を行わず、断熱材充填後に全ての防湿気密シートを張る後張り施工を行った現場です。
写真をご覧になって分かるように、根太1本づつの気密の処理が写されています。
後張り施工では、この根太の本数分気密施工が必要となりますので、
その本数分防湿気密シートをカットし防水気密テープで処理を行うことになります。
つまり、気密シートを先張りした加工無しの性能まで、施工精度を上げることは非常に困難で、切ったり貼ったりの施工が増えることは、漏気のリスクもそれだけ大きいという事です。

次に左の写真のように大引きに接続さている根太の気密処理は、根太材をはずさない限り難しく、
一般的に現場では、コーキングやウレタンなどで隙間を塞ぐ処理がされているようです。
しかし、その施工で本当に気密処理できたのか?を考えると、「隙間に詰め込んでおそらく大丈夫であろう」といった憶測の施工なのです。


今回は、土台と根太部分の後張り施工の写真をご覧いただきましたが
このような部分が、家全体で起こっていると考えると・・・・
とても、C値1.0c㎡/㎡以下にすることは、困難と考えざるおえません。

しかし、
このような現場でも測定結果が、1.0c㎡/㎡以下の性能が出ています。
それは柱の外側に面材を貼って耐力をとっている工法だから、その分気密性能が上がっているのです。
つまり、外側の面材と内側の防湿気密シートのWの効果で、気密性能C値1.0c㎡/㎡以下が達成できているのです。

では、気密性能が1.0c㎡/㎡だからといいではないか?というご意見もありますが・・・。
そこには、落とし穴があるのです。。。

その落とし穴については次回にします。


その他のエコ住宅に関する情報はこちら↓
お役に立ちましたらクリックお願いします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓          ↓ 
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ人気ブログランキングへ

theme : 家を建てる
genre : ライフ

プロフィール

ふるかわしげひろ

Author:ふるかわしげひろ
住まい環境プランニング 代表
(旧:住環境アルテ)
・NPO法人 環境住宅正会員
・パッシブハウス・ジャパン
 賛助会員

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
建もの省エネx健康マップ
省エネ健康マップ_バナー_小.jpg
住まい環境プランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。